最新記事

東京五輪

東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

USA Basketball Sending Third-Oldest Team Ever to the Tokyo Olympics

2021年6月29日(火)17時10分
レベッカ・クラッパー
ケビン・デュラント

3回目の五輪出場となるデュラントも代表メンバーに Troy Babbitt-USA TODAY Sports

<男子バスケットボールのアメリカ代表は平均年齢28.2歳で五輪4連覇を目指す余裕の編成>

米バスケットボール協会は6月28日、東京オリンピックのバスケットボール男子で4連覇を目指すアメリカ代表チームのメンバー12人を発表した。このうち5人が既に30歳を超えており、米史上3番目に高齢の代表チームとなった。

30代の5人はケビン・ラブ、ケビン・デュラント、ドリュー・ホリデー、デイミアン・リラードとドレイモンド・グリーン。この5人に加えてバム・アデバヨ、ブラッドリー・ビール、デビン・ブッカー、ジェレミー・グラント、ザック・ラビーン、クリス・ミドルトンとジェイソン・テイタムの代表メンバー入りが決まった。

メンバー最高齢は32歳のラブで、最年少は22歳のテイタムだ。米バスケットボール協会によれば、東京大会が終わる時点で代表チームの平均年齢は28.2歳になっているという。これは1996年のアトランタ五輪の代表チーム(平均29.4歳)、1992年のバルセロナ五輪の初代「ドリームチーム」(同29.0歳)に次いで米男子バスケ史上3番目に高い数字だ。

代表チームのマネージングディレクターを務めるジェリー・コランジェロは、一部のメンバーは経験重視で選ばれたと語った。

技能と人柄、経験と勝利への意欲

「代表チームは国際試合での経験が豊富な選手を揃えており、ずば抜けた技量を持ち、多才でバランスが取れている」とコランジェロは述べ、こう続けた。「互いに刺激し合う上で必要な、優れたリーダーシップもあると確信している。まだ数多くの課題はあるが、全てのアメリカ国民が誇りに思うようなチームになってくれると確信している」

同協会のマーティン・デンプシー会長も「米バスケットボール協会は、国際大会で我が国を代表する選手として、技能と人柄、経験と勝利への意欲を兼ね備えた者を選んでいる」と述べた。「短期間の過酷な競争においては、多才で強靭なチームづくりが重要だ。これらのエリート選手たちが、夏の東京大会でアメリカを代表するメンバーに志願してくれたことは幸運だ」

デュラントはこれが3回目のオリンピック出場で、通算3回以上の出場は米史上4人目となる。これまでにカーメロ・アンソニーが4回の最多出場記録を持ち、レブロン・ジェームズとデイビッド・ロビンソンが3回の出場を果たしている。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    眼がついた人工脳が作製される

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月