最新記事

コロナワクチン

米ワクチンを潰すため、西側インフルエンサーを買収していたロシア

Influencers Claim Agency With Russian Connections Offered Cash to Discredit Pfizer Vaccine

2021年5月26日(水)18時52分
ナタリー・コラロッシ

同様に、チャンネル登録者数150万人のドイツのユーチューバー兼ポッドキャスターのミルコ・ドロチュマンも、ファイザー製ワクチン関連の死者に関する「情報キャンペーン」への参加を求める電子メールのスクリーンショットを投稿した。

「興味深い。代理店から『情報キャンペーン』に加わらないかと打診された。リークされたというコロナワクチン接種による死亡に関する文書へのリンクを共有してほしいという話だ」と、 ドロチュマンはツイートした。

ファジーの住所は、ロンドンのパーシー街5番地となっているが、そこに同社は登録されていない。そのかわり、同社の経営陣はモスクワ出身者でロシアの起業家との関係があることが判明した、とガーディアン紙は報じている。

ファジーのサイトは25日の時点でアクセスできなくなり、本誌は接触できなかった。

ロシアの仕業と思われるコロナワクチン関連のニセ情報活動は、今に始まったことではない。今年4月に発表された欧州連合(EU)の機関の報告書によれば、ロシアは政府省庁や企業やロシア寄りのメディアを使って、「西側諸国とEUはロシアが開発したコロナワクチン、スプートニクVに対する破壊活動を試みている」というニセ情報を拡散する大がかりな活動を開始した。

多岐にわたるニセ情報活動

米国務省は3月、ロシア諜報機関の指示でファイザーとモデルナが製造するコロナワクチンに関するニセ情報を拡散する3つの情報配信サイトを特定した。

ロイター通信によると、これらのサイトは「ファイザーとモデルナのワクチンだけでなく、国際機関や軍事紛争、抗議行動、そして国民を分裂させる問題など、さまざまな種類のニセ情報を拡散した」と、国務省の広報官は語った。

「国務省は引き続きロシアの悪質なオンライン活動を暴き出す」と、広報官は付け加えた。「そして、引き続き同盟国やパートナーと緊密に協力し、世界中のニセ情報に対応していく」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ビザ、暗号資産の助言サービス開始 金融機関や小売業

ビジネス

米テスラの中国製自動車販売、11月は5万2859台

ワールド

豪が決済業界見直しへ、暗号資産取引所の免許制度創設

ワールド

マレーシアのナジブ元首相、ニ審も有罪 1MDB巡る

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理想の教育とは

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    BTSメンバーのインスタ開設は「終わりの始まり」?

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    毎日30分の瞑想で認知症患者の脳に変化、認知障害予…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 9

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月