最新記事

新型コロナウイルス

若年の新型コロナ感染者で心臓血管系への影響が長期に及ぶおそれ、との研究結果

2021年5月17日(月)18時30分
松岡由希子

ベルギー、夜間外出禁止令の終了を祝う若者で賑わうが......    REUTERS/ YvesHerman

<新型コロナウイルスに感染し、軽症で回復した健康な若年の感染者でも、心臓血管系への影響がみられることが明らかとなった>

新型コロナウイルス感染症は主に呼吸器症状がみられる感染症として知られているが、軽症で回復した健康な若年の感染者でも心臓血管系への影響がみられることが明らかとなった。

米アパラチアン州立大学の研究チームは、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と診断され、3〜4週間経過した19〜21歳の15名と健康な22〜24歳の若者15名の計30名を対象に、頸動脈の超音波検査を用いて血管の健康度を調べた。なお、新型コロナウイルス感染症に罹患した被験者はいずれも軽症で回復し、入院した者はいない。

健康な若い人でも、長期にわたって影響が残るおそれがある

2021年4月26日に学術雑誌「エクスペリメンタル・フィシオロジー」で発表された研究結果によると、新型コロナウイルス感染症に罹患したグループは健康なグループに比べて、血管が硬く、弾力性が低い。脳へ血液を送る頸動脈の膨張性は27%低く、弾力性も22%低かった。また、心臓からの血液を全身に運ぶ大動脈にも影響がみられた。

サンプル数が小さく、新型コロナウイルス感染症に罹患した被験者の血管が罹患前にどのような状態であったのか不明な点で、この研究結果には限界があるものの、研究論文の責任著者でアパラチアン州立大学のステファン・ラッチフォールド准教授は「新型コロナウイルス感染症の影響を比較的受けづらいと考えられてきた健康な若い人でも、長期にわたって影響が残るおそれがある」と警鐘を鳴らす。研究チームでは、新型コロナウイルス感染症に罹患した被験者を6ヶ月追跡し、動脈が健康に回復するのかどうか、観察する方針だ。

回復した人の血管に変化がみられる

新型コロナウイルス感染症から回復した人の血管に変化がみられることは他の研究結果でも示されている。仏ストラスブール大学の研究チームは、2021年3月23日に発表した研究論文で「新型コロナウイルスへの感染者は、重症度にかかわらず、最長3ヶ月にわたって、血管内皮機能が低下する」ことを明らかにした。

また、アパラチアン州立大学の別の研究チームが2021年1月15日に発表した研究論文
では、新型コロナウイルスへの感染が確認されて3〜4週間経過した若者の血管機能に変化がみられることが示されている。

ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月