最新記事

アメリカ政治

元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し、アメリカの分断を煽る

Choosing Servility Over Country

2021年5月11日(火)18時52分
ウィリアム・サレタン

共和党の上院議員が議事堂襲撃をあおったトランプを追及しないと決めたとき、彼らはトランプには暴力を誘発する意図はなかったと言った。だがトランプは支持者の暴力を目の当たりにしたはずなのに、今も彼らをあおるような言葉を使い続けている。右派ケーブルテレビ局ニュースマックスの3月22日のインタビューでは、「民主党がわれわれの国を破壊している」と語り、「彼らを止めなければならない」「最後まで闘わなければならない」と繰り返した。

トランプはマイク・ペンス前副大統領が選挙結果を認定したことを非難した。もし民主党が自分たちと同じように「選挙を奪われて」いたら、「文字どおり革命が起きていただろう」と激怒した。

トランプは大統領選の結果に異議を唱えるだけでは飽き足らず、ロシアなどアメリカの敵対勢力が展開してきた「アメリカの民主主義はまがいもの」という論調を支持している。

CPACでは「この国の選挙プロセスは大いに病み、腐敗している」と語った。その2週間後、FOXニュースで「アメリカは途上国並み」だと主張。さらに1週間後のブースとのインタビューでは、「アメリカには報道の自由がない」と3度も繰り返した。

韓国の文在寅大統領を激しく攻撃

4月19日にFOXニュースのショーン・ハニティのインタビューに応じたときには、ロシアや北朝鮮について「敵対的」な政府という表現を否定し、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)総書記を擁護した。

「私はプーチン大統領とうまくやっていた」と、トランプは語った。「彼が好きだったし、彼も私が好きだった」

トランプは、自分とロシアの関係が捜査されたことで「ロシアと取引を行う一切の可能性が断たれた」と主張。「大儲けできたはずなのに」貴重なチャンスが失われたと不満を語った。

彼は金正恩との関係についても自慢げな言葉を口にした。「私は北朝鮮で強大な権力を持っている男と素晴らしい関係を築いている」と、トランプはハニティに語っている。

このインタビューの少し後、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、トランプが在韓米軍の駐留継続と引き換えに韓国から法外な金を巻き上げようとしたと明かすと、トランプは自身の公式サイトで文を激しく攻撃。「私が好きな北朝鮮の金正恩は、韓国の大統領を決して尊敬していなかった」と書いた。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:物価目標への議論、ワクチン順調なら年

ビジネス

中国の滴滴、株式非公開化検討と報道 会社側「うわさ

ビジネス

ABインベブ、予想下回る四半期利益 売上高はコロナ

ビジネス

ユーロ圏景況感指数、7月は119.0と過去最高 上

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月