最新記事

セレブ

天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

Are Grimes and Elon Musk Married? The Eccentric Couple's Relationship Explained

2021年5月11日(火)14時36分
ダン・キャンチアン
2018年5月に開催されたメットガラに現れたマスクとグライムス

2018年5月に開催されたメットガラにそろって現れたマスクとグライムス Nicki Swift-YouTube

<3度の結婚を繰り返した恋多き男イーロン・マスクが「AIつながり」で交際を始めたお相手は、これまたエキセントリックな歌手グライムス。2人の間に生まれた赤ん坊の名前は「X ÆA-Xii」!?>

5月8日、イーロン・マスクは、テレビの人気バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」に、ゲスト司会者として登場した。

テスラとスペースXの創業者で変わり者の億万長者であるマスクは、近年最も物議を醸している実業家の一人だ。

新型コロナ対策の外出禁止令で工場が操業できないとカリフォルニア州と喧嘩したり、奇天烈なビジネスベンチャーを立ち上げたり、仮想通貨ビットコインの相場を乱高下させたりお騒がせな男だが、プライベートもかなりの注目を集めている。

現在、イーロン・マスクは独身だが、カナダ人歌手グライムス(本名クレア・ブーシェ)と3年以上交際している。

歌姫とのオタクな出会い

ゴシップ・サイトのページ・シックスによると、2人を結び付けたのは、人工知能(AI)に関するジョークだった。マスクはグライムスの3年越しのジョークにノックアウトされたと言われている。


あるとき、マスクは「ロコのバジリスク」というAIの思考実験の名前から「ロココ・バジリスク」というダジャレを思いついた。

ロコのバジリスクとは、将来AIが全知全能になると、AIを創造するというアイデアを思いついていながら実行しなかった人間を過去にさかのぼって罰するのではないか、という複雑な思考実験のこと。それと、18世紀にフランスで流行した美術様式「ロココ」を掛け合わせたシャレである。

ところが、ネットを検索したマスクは、グライムスが脚本、監督、編集を行った3年前のミュージック・ビデオ「血のない肉」で、「ロココ・バシリスク」というキャラクターを既に登場させていたことを発見したというのだ。

グライムスとマスクは2018年5月、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催される毎年恒例のファッションの祭典「メットガラ」に連れ立って姿を現し、交際を明らかにした。その2カ月後にはマスクの5人の息子とともに、スペースXが主催する高速地上輸送のハイパーループポッド・コンペティションに出席した。

ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月