最新記事

中国共産党

中国で真っ赤に燃える建党100周年の「紅色旅游」

2021年5月12日(水)17時52分
遠藤誉(中国問題グローバル研究所所長)

中国の大学を卒業した後に欧米に留学する人たちの動向を調べていた関係上、大卒生のさまざまな選択を調査することになったのだが、その時にショックを受けたことがある。

それは雲南省の老革命区と言われた場所に行った時のことだ。

雲南省には曾澤生という長春食糧封鎖の時に共産党軍に寝返った国民党第60軍の将がいた。私は1946年から第60軍兵士とともに長春にいたのだから、雲南省第60軍というのは、あの恐ろしい時代を想起させ、心を不気味にざわつかせる。

雲南省には当然のことながら中国共産党軍の革命根拠地もあったわけだが、そこには、まるで原始時代の世界にタイムスリップしたのかという錯覚に陥るほどの荒廃した地区が広がっていた。アヘンに関する「黄金の三角地帯」を彷彿とさせ、地面から毒虫が這い上がって来るのではないかという恐怖さえ覚えた。

これは決して雲南省であったからではないと思う。どの革命根拠地に行っても、その恐ろしいばかりの荒廃ぶりは程度の差こそあれ共通していた。

もちろんどの地域の革命根拠地も、交通の便が悪い所に建設されていたことは事実だ。鉄道や道路など交通の便が良ければ、すぐに国民党軍にやられる。国民党軍が入ってこられないような場所に革命根拠地を築くのが基本ではある。

だから改革開放の恩恵を浴することなく見捨てられて行き、結果、高速鉄道建設促進の宣伝の一つとして「紅色旅游」が出現したことは分かる。

しかし、革命根拠地がなかったら新中国(中華人民共和国)は誕生していなかったはずだから、それを「ここまで見捨てるのか」という疑問が、それとなく心の中でずっとわだかまっていた。

ところが今般、『習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐』を書いたことによって、ハッとしたことがある。

それは鄧小平が習仲勲(習近平の父)など、延安を中心とした西北革命根拠地の功労者たちを失脚させ、西北革命根拠地の意義を薄めたことによって、他の個所も含めた全ての「革命根拠地」という概念そのものを希薄化させる結果を招いていたのではないかということだ。

このたび、本コラム「紅色旅游」に焦点を当てたことによって、この事実に気が付いてハッとしたのである。

鄧小平は1997年に他界しているので、その後は「革命根拠地=老革命区」が果たした役割に関して焦点を当てることが許されるようになったという流れがある。

拙著『習近平 父を破滅させた鄧小平への復讐』の第四章冒頭(p.166-167)にも書いたように、胡錦涛政権第二期(の2008年)になると、鄧小平が失脚に追いやった華国鋒(失脚前は中共中央主席・国務院総理・中央軍事委員会主席)の名誉回復をする動きが顕著になり、「環原華国鋒(華国鋒の真相を掘り起こせ)」という論文が胡錦涛政権の認可を得る雰囲気が生まれていた。

習近平政権において「紅色旅游」が真っ盛り

習近平がこの「紅色旅游」プロジェクトをフルに活用しないはずがないだろう。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:物価目標への議論、ワクチン順調なら年

ビジネス

中国の滴滴、株式非公開化検討と報道 会社側「うわさ

ビジネス

ABインベブ、予想下回る四半期利益 売上高はコロナ

ビジネス

ユーロ圏景況感指数、7月は119.0と過去最高 上

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月