最新記事

セクハラ

クオモNY州知事がセクハラ、で広がる衝撃

2021年3月5日(金)18時00分
猿渡由紀

「今すぐ、辞任を!」とのメッセージが...... REUTERS/Mike Segar

<新型コロナ感染対策で、人気と尊敬を集めたニューヨーク・クオモ州知事が、複数の女性にセクハラをしていたことが発覚し、衝撃が広がっている......>

著名人のセクハラが、またアメリカを騒がせている。2017年秋に大物映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラが暴露されて以来、数えきれないほどの有力者の名前が浮上し、いい加減この手のニュースには慣れてきたが、今度の件は特に衝撃が広がっている。加害者がニューヨーク州知事アンドリュー・クオモ(63)で、セクハラ行為がなされたのがつい最近だったからだ。

今からちょうど1年前に、ニューヨークが新型コロナ感染者を急増させてから、クオモ州知事は、決断力と行動力で、人々の尊敬を集めてきた。毎日行われたクオモのブリーフィングを見て、「大統領になるべき」という反応もあった。

3月から閉鎖を強いられてきた映画館チェーンのオーナーらが、「そろそろ開けさせてくれ」と、クオモを名指しして強烈なプレッシャーをかけてきても揺らがない。目先のことにまどわされず、どれだけ文句を言われても正しいことを貫く。クオモは、そんなリーダーだった......。

しかし、その同じ頃に、彼は若い女性にセクハラをしていたことが明らかになったのである。

女性3人が次々に告発した

先月末、クオモからセクハラを受けたと名乗り出たシャーロット・ベネット(25)は、彼のもとで働いていた昨年6月5日、職場でふたりきりになった時、クオモから個人的なことを聞かれ、「恋愛で年齢差は気になるか」「自分は20代の女性と関係をもつことにオープンだ」などと言われたと明かしている。「私と寝たがっているというのが伝わってきて、私はとても怖い気持ちになりました」と、彼女は「ニューヨーク・タイムズ」に語った。

ベネットの告発から数日後には、やはりクオモのもとで働いていた別の女性が自分の体験をウェブサイトに投稿。リンジー・ボイランというその女性によると、2016年から2018年の間に、クオモから体を触れたり、無理やり唇にキスをされそうになったりすることがあった。公務でプライベートジェットに同乗した時に、「ストリップポーカー(脱衣を含む宴会ゲーム)をやろう」と誘われたとも述べている。

その後、さらにもうひとりの女性が名乗り出た。今度の女性アナ・ルッチ(33)はクオモの職場の人間ではなく、2019年9月に行われたルッチの友人の結婚式で出会った関係。クオモが新郎新婦に乾杯をしてくれたことに対してルッチがお礼を言うと、クオモは、背中の開いたドレスを着ているルックの腰を触ったという。ルックがその手を払い除けると、今度は両手でルッチの頬を触り、「キスしていいか」と聞いてきた。ルッチはその証拠写真を「ニューヨーク・タイムズ」に提供している。


被害者の女性たちへの誠意のない発言

ベネットが被害に遭ったのは、クオモのブリーフィングが評判になっていた頃だ。コロナ対策で「100日間、ほとんど寝ていない」と言っていたクオモだが、セクハラをする余裕はあったということである。何より呆れるのは、「#MeToo」運動が起こってからもう3年以上が経つのに、クオモが何も学んでいなかったとわかったことだ。これが、20年も前の出来事を持ち出されたというのなら、あの頃の自分は無知でした、今の自分は違いますと、言い訳ができなくもないだろう。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

シノバックのコロナワクチン、mRNAなど追加で抗体

ビジネス

ミーム株不調、ゲームストップやAMC年初来約30%

ビジネス

ECB、12月にも25bpの利上げ 物価目標早期達

ビジネス

MSCI世界株価指数、一時「調整局面入り」に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミクロン株をまん延させたイギリスの違い

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    「ひざの痛み」という悩みがいつまでも解消されない…

  • 6

    1回40秒、風呂上がりと外出前の1日2回...「ひざの痛…

  • 7

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    イギリスに新たな変異株「デルタプラス」出現 従来型…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月