最新記事

音楽

「ポップスの到達点」とまで評されるビヨンセ、今も究極の歌姫に君臨し続ける

The Key to Beyoncé’s Success

2021年10月02日(土)14時54分
シャアン・サチデブ

2013年スーパーボウルでは圧巻のパフォーマンスを披露 KEVIN MAZURーWIREIMAGE/GETTY IMAGES

<ビヨンセは「マイケルの正統な後継者」であり、究極のアスリート。人種もジェンダーも超えた熱狂を、40歳の今も生み出す理由とは>

まだ新型コロナウイルスの影も形もなかった2018年8月、米ニュージャージー州のメットライフスタジアムは最高に盛り上がっていた。観客は約5万人。白人よりも黒人やヒスパニックが、ストレートよりもゲイが多かった。

ステージでは汗だくのビヨンセが「マイン」「ベイビー・ボーイ」「ホールド・アップ」「カウントダウン」の4曲を続けて一気に歌い上げた。並みの歌手なら、間違いなく息が上がってしまう。

でもビヨンセは違う。会場を埋めるファンたちの覚悟も違った。事前に彼女のダンスをしっかり覚え、そっくりまねするつもりでいた。1曲につき6回、「歌って!」と命じるビヨンセの号令に従う準備もOK。感極まって涙があふれ、正直、息も切れる。ばてないのは、主役のビヨンセだけだ。

今は亡きプリンスについての刺激的なエッセーで、作家ヒルトン・アルスはこう書いていた。「男として企業社会の駆け引きに加わる」と決めたとき、プリンスはブラッククイーン(黒人LGBTQ)の支持を失った、と。

そうかもしれない。でもビヨンセは最初から企業社会の中にいた。最初から保守的で、異性愛で主流派。そして資本主義万歳。だから問題ない。みんなそれを承知でビヨンセを信じている。だから彼女の政治も偽善も関係ない。映画で稼ぎ、ファッションブランドで稼いで何が悪い?

この9月で40歳になったビヨンセは既に「生けるレガシー」の資格十分だが、まだ進化を続けている。

ミレニアル世代には、キラ星のごとく輝くポップの女王たちがたくさんいる。例えばリアーナやレディー・ガガ、ブリトニー・スピアーズ、さらにアリアナ・グランデやケイティ・ペリーがいる。もちろんマライア・キャリーやジェニファー・ロペスやマドンナもいる。

足から血が出るまで練習する

ビヨンセは彼女たちとどう違うのか。音楽ライターのジョディ・ローゼンはビヨンセを「100年以上続くポップスの必然的な到達点」と呼んだが、それはなぜか。答えは彼女のライブを見れば分かる。

巨大スタジアムを満員にするコンサートは、ローマ教皇の盛大なミサに似ている。なにしろ10万の目と耳を魅了しなければならない。その重責に耐えられず、感情的に不安定になり、平凡なパフォーマンスに終わる歌手もいる。

だがビヨンセは違う。歌姫よりもプロのアスリートに近い猛烈な鍛錬を極め、足から血が出るまで練習する。彼女は現時点で最も身体能力の高いスーパースターだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、オミクロン株対応へ用意 都市封鎖の再導入ないと

ワールド

米サーモフィッシャー製コロナ検査キット、新変異株を

ワールド

28日の米空港保安検査数、2020年2月以来の高水

ビジネス

欧州、新変異株に対応可能 過去の感染波から学ぶ=E

RANKING

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ…

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 4

    「ダイアナ妃を知れば知るほど、守ってあげたいと感…

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 1

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 2

    「親ガチャ」は子どもからの警告 原因は育児力格差

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 5

    バイリンガル育成の達人がおすすめする、「多読」で…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売