最新記事

セクハラ

性犯罪の被害者は「怒り狂った復讐者じゃない」、実名告白する女性の本心

I Am Not Vengeful

2021年09月24日(金)17時48分
ルイーズ・ゴッドボールド(サバイバー支援団体「エコー」事務局長)

復讐心が強調されるのを見るにつけ、考えてしまう。脚本を書いた女性には性暴力を受けた経験がなく、血なまぐさい復讐劇に被害者はカタルシスを感じるはずだと思ったのか。あるいは脚本家は性暴力の被害者で、これは彼女の報復ファンタジーなのか。

性暴力に怒りや復讐心を抱くのは当然のことだ。だがハーバード大学医学大学院のジュディス・ハーマン教授(精神医学)はトラウマ研究の古典『心的外傷と回復』(邦訳・みすず書房)で、こう書く。

「トラウマを負った人は報復が安堵をもたらすと考えるが、報復ファンタジーに繰り返し触れることは、むしろ苦しみを悪化させる。暴力的でどぎついファンタジーはトラウマの元になった体験の記憶と同じくらい強烈で、恐ろしく、心を侵蝕しかねない。そうしたファンタジーは被害者の恐怖心をあおり、セルフイメージを傷つけ、自分が怪物になったかのように感じさせる」

作り手が自身のトラウマを消化できていないまま作り出すリベンジ物は、その気がなくとも「復讐に燃える女」のステレオタイプを助長し、ハーマンが示唆するとおり、回復の妨げになりかねない。

性暴力とその余波に対する反応は多様で、微妙な色合いを持つ。だが大衆文化は判で押したように復讐心に脚光を当てる。私たちサバイバーが世間に合わせなければとプレッシャーを感じ、複雑な心情を封印するのも無理はない。

210928p62_ve02.jpg

インターン中にセクハラ被害に遭ったゴッドボールドはサバイバー支援に励む KENA BETANCUR/GETTY IMAGES

加害者に対する悲しみも

私の気持ちも日々揺れる。投獄すれば被告の心がくじけるといった愚かな理由で弁護団がワインスティーンの特別扱いを求めたりすれば、心がくじけるどころか人生とキャリアをつぶされた被害者の女たちを思って怒りに燃える。

一方、こうならなくてもよかったはずのワインスティーンの人生と彼が女性たちに与えられたはずの支援を思い、悲しくなることもある。

映画界でインターンを始めた私は、ワインスティーン以外の有力者にも指導を仰いだ。だが私を襲うような男性はほかには皆無で、大勢が指導の手を差し伸べてくれた。

悲しみは、自身も幼い頃心に傷を負ったというワインスティーンにも及ぶ。彼をただの怪物として切り捨てれば、幼少期のトラウマが持つ悪影響を軽んじることになる。

そんな話は聞きたくないと、拒否する人も多いだろう。だがサバイバーの心情を決め付け極端に単純化する報道や映画は、人が体験する感情の多様さを否定してしまう。

古代ギリシャでは恐ろしい復讐の女神たちが、犯罪の抑止力になるとされていた。ワインスティーンが受ける報いも、自分は罪に問われないと高をくくっている権力者への抑止力になればいいと思う。

だが恥知らずな男どもを怖がらせるためのステレオタイプにされるのは、私はごめんだ。私は、単純化されない完全な一人の人間として尊重されるべきで、今後のインタビューには、そんな人間として登場したい。

©2021 The Slate Group

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ENEOS、和歌山製油所を閉鎖へ 国内需要減で生産

ワールド

原子力などのグリーン投資認定案、EU専門家委が修正

ワールド

中国の貿易、年間で妥当な範囲内に維持と確信=商務省

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者3億5

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 2

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 5

    難病「結節性硬化症」に苦しむ女性を救ったピアノ...…

  • 1

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 2

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 3

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 1

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 2

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    子育てで大切なたった一つのこと

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売