最新記事

通信講座

育児にも活かせるスポーツフード資格「スポーツフードマイスター」で効率的な体作りを実現

PR

2021年09月28日(火)13時00分

<日々の健康を維持するために食事に気をつける人は多い。独学でも食事制限は可能だが、本来であれば専門的な知識があるほうがより効率的だ。体を資本とするアスリートも日々の体調管理のために食事には気を遣っている。体作りのためにどんな食事が適しているのだろうか。スポーツフードを学べる通信講座を紹介する>

スポーツフードとはスポーツのための食事学

スポーツをする子どもたち

8x10 / PIXTA(ピクスタ)

スポーツフードとはスポーツをする人が日々のトレーニングと併せて摂取する食事メニューを指す。
スポーツをするうえで必要なものは、技術やテクニックの前に、まずは体を動かすために必要な骨と筋肉と基礎体力を備えた身体だ。「食べること」が骨や筋肉を作りだし、スポーツをするために最適な身体作りができる。
スポーツフードとは個々人にあわせて最適化されたメニューや食生活を意味しており、特定の食品や料理を指すのでないという点もポイントだ。もしスポーツフードを取り入れたい場合は、その人の体格、トレーニングの内容、競技に必要な筋肉量や体力などを総合的に判断し、最適な栄養価を最適な量で摂取するにはどうすればいいかを考えなければいけない。

そして基礎体力を高めるためには、「食べる」「トレーニング」「休む」という三つのサイクルをバランスよく行うことも必要だ。スポーツフード知識者にはそのための総合的なアドバイスを行うことも求められる。

スポーツフードマイスター

スポーツフードで選手を支える場合、選手の食生活や献立をアドバイスするマネージャー業務のような役割と考えるといいかもしれない。選手の体力など現状や競技に応じて身体のどの部分を強化すればよいのかを考えて必要な栄養が摂取できる食事内容をアドバイスする。また選手自身の好みを考え、食事制限のストレスを抑える方法で食事を作るなど選手に寄り添うことも重要だ。

スポーツフードの知識は、食事によって選手のサポートを考えている人、運動や競技に携わる仕事をされている人はもちろん、自分自身や家族の健康状態に応じた食事やメニューの献立を考えたり、スポーツをしている成長期の子どものサポートをしたり、多くの場で活かせる知識となる。

スポーツフードを学ぶなら資格取得を

日本安全食料料理協会の「スポーツフードマイスター」と日本インストラクター技術協会の「アスリート栄養食インストラクター」

スポーツフードについて学ぶなら独学ではなく、専門的な知識として学習が必要である。資格取得という目標をもって知識を身に付けるのがおすすめだ。特にこどものスポーツを応援する場合は保護者同士で情報交換をすることも多く、人間関係が密になりがちだ。
体系的に勉強をすれば自信をもって食事管理を行えるし、情報交換などの場で正しい知識でアドバイスをすることができる。
今回紹介する通信講座であれば、勉強することで日本安全食料料理協会の「スポーツフードマイスター」と日本インストラクター技術協会の「アスリート栄養食インストラクター」が取得できる。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

EU・イラン・ロシア、明るみ見通し示す 核合意再建

ビジネス

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足

ビジネス

米大手銀、オフィス復帰計画に変更なし オミクロン株

ワールド

米、オミクロン株対応へ用意 都市封鎖の再導入ないと

お問い合わせ