最新記事

ファッション

バイデン夫人は載ったのに...メラニアがヴォーグの表紙になれなかった理由

Who Gets to Be on the Cover of Vogue

2021年07月16日(金)17時26分
エマ・ノーラン

メラニアは大統領夫人としては登板ならず ANUSHREE FADNAVIS-REUTERS

<米バイデン大統領のジル夫人は最新号にシックに登場。しかし、ファーストレディーなら無条件で出られるわけではない>

米ファッション誌ヴォーグの8月号の表紙を飾るのは、ジョー・バイデン米大統領の妻、ジルだ。これまでもヴォーグの表紙には、ファーストレディー時代のヒラリー・クリントンやミシェル・オバマ、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相といった人々が登場している。

だがドナルド・トランプ前大統領のメラニア夫人が表紙を飾ることはなかった。その理由について、ヴォーグのアナ・ウィンター編集長がはっきり述べたことはない。だがウィンターは2019年のCNNとのインタビューで、ヴォーグが政界関係者を記事で取り上げる際の基準についてこう語っている。

「これらの(表紙を飾った政界の)女性たちは明らかに、グローバルな視点から見て象徴的で、女性たちを奮い立たせると感じられる存在だ」

一方、18年にはヴォーグから表紙の話が来ないことに不満をぶちまけるメラニアの声がこっそりと録音されていた。会話の相手は元友人で側近だったステファニー・ウィンストン・ウォルコフだ。

表紙でなければ対応しなかった

「ヴォーグはこんなふうに言ったのよ。『うちは人物紹介記事をやりたいんです』。人物紹介記事? ふざけるな。私に人物紹介なんて不要よ。『表紙になる可能性もなきにしもあらず』って何よ」

ウィンストン・ウォルコフは暴露本『メラニアと私』の中でこうも述べている。「ヴォーグは写真家アニー・リーボビッツによるホワイトハウスでの撮影と、ライターのロブ・ハスケルによる数日間の密着取材のアポを取りたいと連絡してきた。いい話に思えたが、メラニアが表紙を飾る確約は得られなかった」

ウィンストン・ウォルコフはこうも述べている。「ヴォーグであれ他の雑誌であれ、メラニアは表紙を飾るのでなければ取材対応しなかった」

実はメラニアはヴォーグの05年2月号で1度、表紙を飾っている。「ドナルド・トランプの新しい花嫁」というタイトルの下、トランプとの結婚式のために仕立てたクリスチャン・ディオールのウエディングドレス姿で登場したのだ。記事では夫妻のことや「指輪、ドレス、結婚式、プライベートジェット、パーティー」といった話題が取り上げられた。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

RANKING

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    進歩派なようで実は差別的な構造に執着...リアルすぎ…

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 1

    マインドフルネスの落とし穴...より利己的になる人も…

  • 2

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売