最新記事

映画

『ブラック・ウィドウ』は、マーベル映画で新機軸の大ヒット作となる予感

A Rare Marvel Female Superhero

2021年07月16日(金)14時59分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

姉妹役を演じるヨハンソン(左)とピュー(右)の絡みも見どころ MARVEL STUDIOSーSLATE

<スカーレット・ヨハンソンとフローレンス・ピューの演技が生む化学反応は、マッチョなマーベルの新しい「顔」になれる>

『ブラック・ウィドウ』は、アメリカンコミックを原作とするマーベル作品に無関心な人にもおすすめしたい作品。映画館の大画面とコミックブックのスーパーヒーローは相性がいいことを改めて示せそうな、意外な秀作だ。

主人公のブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフは、高度な訓練を受けた超一流の暗殺者から正義のヒーローへと転身した人物。しかし、激戦の後には鎮痛剤が必要なナイーブな一面も持ち合わせている。マーベル作品の中から、これほど人間味のあるキャラクターを拾い上げたことが、そもそも新鮮だ。

主演のスカーレット・ヨハンソンは、マーベル作品では自分のキャラクターが脇役に追いやられ、時には「アベンジャーズ」の男性ヒーローから欲望の対象にされる性差別を問題視したことがある。だがナターシャと妹のエレーナ(フローレンス・ピュー)を中心に据え、どちらのキャラクターにもロマンチックな要素のかけらも見せない本作に、そんな批判は当てはまらない。

1995年の米オハイオ州を舞台にした冒頭部分では、姉妹の生い立ちが描かれる。エバー・アンダーソンが演じる幼年時代のナターシャは、並木道を自転車で走って母と妹が待つ家に帰る。だが平穏な空気は、父アレクセイ(デビッド・ハーバー)が帰宅した瞬間に一変する。ある脅威から逃れるため、一家はすぐに逃げなくてはならなかった。

マーベル映画では異色の脚本と演出

21年後。大人になったナターシャは、ノルウェーの田舎で連邦捜査官のチームから身を隠していた。ソコビア協定なるものに違反し、連邦政府とアベンジャーズの両方から反感を買っていた。

彼女は1人でトレーラーハウスに住み、トラブルに巻き込まれないようにしていたが、あるとき橋の上でハイテク装備に身を包んだ男に襲われる。そこから妹がまだ生きており、ハンガリーに住んでいる証拠をつかみ、再会する。

映画の核心となる、あまり幸せとは言えない家族の再会は、通常のマーベル映画よりもドラマチックかつコミカルで、何とも言えない感情表現をもって演じられる。

通常、アベンジャーズのプライベートな生活は、宇宙を救うための激しい戦闘の合間にわずかに見られるだけ。だが本作では、家族の物語が悪役の陰謀に組み込まれている。

作品の後半部分では、ナターシャら機能不全家族が4人そろって、悪のドレイコフに立ち向かう。頭脳と戦闘能力の両方で主導権を握っているのは、女性だ。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

RANKING

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    進歩派なようで実は差別的な構造に執着...リアルすぎ…

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    ホラー映画や性犯罪で「犠牲者」になる女の子の気持…

  • 1

    マインドフルネスの落とし穴...より利己的になる人も…

  • 2

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売