最新記事

映画

SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージョン』だったが...

Netflix’s Bizarre New Thriller

2021年04月16日(金)18時52分
ヘザー・シュウィドル(スレート誌記者)

■「官能」スリラー

ブラジャーの場面は完全に不要──どうして女性がベビーシッターを連れてブラを買いに行き、一緒に試着室に入り、ブラを着けるのを手伝うのか(その間、子供たちの面倒は誰が見るのだろう)。

メアリーがグレースに気があるという意味かもしれないが、デービスにはSATCのシャーロットの影が付きまとい、本当にグレースに性的興味があるとか、実際に性的な行為をするとは思えない。そんなことは考えるのも嫌とばかりに鼻をぴくつかせるシャーロットの姿が目に浮かぶようだ。

一方、グレースの態度も意味深だ。試着室で前開きブラを着けるのを(自分でできるはずなのに)メアリーに手伝わせ、彼女の手を自分の乳房に引き寄せる。だが本当のスリラー/ミステリーはここからで、虚構と現実の境界が分からなくなっていく。

■性的な妄想

メアリーにとって小説を書くことは闇の世界に入り込むのと同じ、ということらしい(ベビーシッターについて空想するのがなぜ悪いのか。2人きりのピクニックや、バスタブの中での愛撫を、現実かどうかにこだわらず楽しんでは駄目なのか)。

だがほかにも、小説を書くプロセスで現実にはあり得ないことだらけ。例えば、メアリーは手書きで原稿を執筆しているらしい。それも線のない白無地の紙に。リアルなのは、仕事をさぼっては不機嫌そうに葉巻を吸っている点だけだ。

■葉巻

メアリーが葉巻を吸うシーンはたびたび出てくる。でも、彼女に葉巻はまるで似合わない。

■夫のセックス

そういうシーンはあるが、現実なのか、誰かの妄想なのかがはっきりしない。トムはクローゼットの中でメアリーと立ったままセックスし、グレースともキッチンのカウンターで性行為に及ぶ。

■結末

最後まで見ても、結局よく分からない。曖昧な終わり方になっている。

■タイトル

「致命的な幻想」が何を指すのか、正直分からない。殺されたのは脇役だけで、主要人物にとって「致命的」とは言えない。

本作の不可解さを「幻想」というのもしっくりこない。そんな漠然としたタイトルを付けて、それでも意味不明だなんて、すごい芸当だ。まるで帽子の中から適当に取り出したかのよう。まあ、帽子から何か出すのも「イリュージョン」ではあるけれど。

DEADLY ILLUSIONS
『デッドリー・イリュージョン』
監督/アンナ・エリザベス・ジェームズ
主演/クリスティン・デービス
   ダーモット・マローニー
ネットフリックスで配信中

©2021 The Slate Group

ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

RANKING

  • 1

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売