最新記事

主張

官能写真の撮影は私にとって最高の癒やし

“I’m an Erotic Photographer”

2021年03月22日(月)13時30分
エレン・スタッグ(写真家)

私はフェミニストを自覚している。そしてフェミニズムで重要なのは、選択の自由と平等だと思っている。「男性に対する女性」がどうこうという問題ではなく、全ての女性が性的指向や性自認や人種や収入に関係なく平等に扱われるかどうか、という問題だ。

官能写真の撮影を行うなかで、性産業で働く女性にも数多く会ってきた。セックスワークは立派な仕事だと思うし、真にフェミニストでロックな選択だとも思っている。

フォトグラファーという仕事を通して、自分に自信を持つこともできた。大学時代には、雑誌に載っているモデルにも一人として完璧な人はいないことに気付いた。全ては照明や修整、腕のいいフォトグラファーのおかげ。多くの要素が作用している。

女性同士の友情に対する考え方も変わった。20代の頃は煩わしく思っていたが、性産業の中で働いてみて、女性は仲間になれるし互いに高め合えることを学んだ。官能写真の撮影は、私にとって最高の癒やしだと心から思う。

20210615issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

6月15日号(6月8日発売)は「世界があきれる東京五輪」特集。国民も専門家も無視する政府、日本の状況が見えないIOC。「安心・安全」とは限らない五輪を世界はこう考える


ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

RANKING

  • 1

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売