最新記事

英王室

エリザベス女王、「王室の危機」の心痛癒すため? 新たなコーギーをゲット

2021年03月13日(土)10時00分
松丸さとみ

また2015年2月1日付の英紙エクスプレスは、小さな犬につまずいて大怪我をするのを避けるために、新たに犬を飼うのもやめたと報じていた。女王の孫にあたるベアトリス王女は当時、飼っていたノーフォークテリアに4頭の子犬が生まれたため、2頭をエリザベス女王にあげると申し出たが、女王は断ったという。元気のある子犬が足元にいて転んで怪我などしたら、公務ができなくなると考えたからだ、と王室関係者は同紙に語っている。

犬を迎え入れるという心境変化の理由は?

スーザンの血を引く最後のコーギーは、2018年4月に死んだウィローだった(2012年のロンドン五輪でダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドと共演)。そして同年10月、女王が飼っていた最後のコーギー、ウィスパーも息を引き取った。

女王の元に残っていたドーギー2頭のうちバルカンが昨年死んだため、女王の飼い犬はドーギーのキャンディーだけとなっていた。

今回新たにコーギーを迎え入れた理由は定かではないが、ザ・サン紙によると、イングランドのロックダウン中(3月8日から段階的に解除)、女王は家族にも会わず、フィリップ殿下も入院しており、1人で過ごしていたという。そのため英国のマスコミ各社は、孤独や、メーガン妃の暴露インタビューからの心痛を癒すためではないかと報じている。

王室に関する著書で知られるペニー・ジュノー氏はザ・サンに対し、女王にとってコーギーはこれまでずっと、人間よりも親しい存在だったと説明している。コーギーは非常に忠実で愛情に溢れ、期待を裏切らない、とジュノー氏は述べ、「当然ながら、コーギーはロサンゼルスへ行ってインタビューを受けるようなことはまずありませんから」と話した。


The Queen being comforted by two new corgi puppies amid family crisis | Royal Insider


The Queen at 90: Her love for her dogs


The Queen DEVASTATED by loss of her last remaining corgi: Devoted companion, Willow

関連ワード

ニュース速報

ワールド

G7、人権・香港・台湾などで中国に懸念表明 コロナ

ワールド

東京五輪、G7全首脳が開催支持と菅首相 

ワールド

G7、大規模景気支援「必要な限り」継続 過去の過ち

ワールド

G7声明、途上国の温暖化対策に拠出増額 具体策は盛

RANKING

  • 1

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 4

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売