最新記事

映画

時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド」の最期が意味するもの

Passing the Torch

2021年10月29日(金)06時34分
サム・アダムズ
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

第一線を退いたボンドは静かな暮らしを楽しんでいたのだが…… ©︎2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED

<『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』でダニエル・クレイグが演じた007の最期は、去りゆくアベンジャーズの英雄たちと重なる>

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、ダニエル・クレイグがイギリスのスパイ、ジェームズ・ボンドを演じた最後の作品だ(以下、映画のネタバレあり)。そればかりか、あたかも「最後のボンドムービー」であるかのように幕を閉じる。

人類滅亡をもたらす可能性のあるウイルスが保管されている施設に向け、ミサイルが発射される。確実に命中させるためにボンドはその場に残り、吹き飛ばされる建物と運命を共にするのだ。

人々の命を救うために自らを犠牲にする――ヒーローにとってこれほど高貴な死に方はない。「高貴」なんてボンドの柄ではないけれど、クレイグによる最後の007映画であることを思えば、記憶に強く刻まれる終わり方にするのは当たり前だろう。

だが死に向き合うボンドからは「それ以外の選択肢がない」とか「人類を救うという目的に殉じる」といった感じがあまり伝わってこない。どちらかというと死を望んでいるように見えるのだ。

本作の最初のアクションシーンでボンドは、追ってくる車から逃れるため、路面に敷設されていたケーブルをつかんで橋から飛び降りる(ケーブルは都合のいいことに、欄干からぶら下がって命拾いができるくらいの長さにたるんでいる)。でもラストでは、彼は逃げようともしない。

一つの時代の終わり?

クレイグは現在53歳。ロジャー・ムーアがボンドのタキシードを脱いだ年齢より5歳も若いが、本作では肉体的に衰えてきていることが強調されている。ボディーラインは相変わらず素晴らしいが、それでも若い世代のエージェントたちに追い上げられ、自分の時代が終わりつつあることを認識させられる。

007のナンバーを継いだ女性スパイのノーミ(ラシャーナ・リンチ)は、自分の邪魔をしたら膝を撃つとボンドを脅す。それも「まだ使えるほうの膝をね」と言うのだ。

ボンドの復帰を喜んでくれるのはアメリカのスパイ、ローガン・アッシュ(ビリー・マグヌッセン)だけ。本物のボンドについに会えたと興奮を隠さない。だがそんなふうに持ち上げられること自体、若いポップスターがベテラン歌手に「子供時代、あなたのポスターを寝室の壁に貼っていました」と言うようなもので、ボンドが過去の人になったことを感じさせる。

この辺り、ボンドファンが愛しているのは昔ながらのスパイ映画なのだと認めているようなものだろう。ファンは整った身なりの白人男性が外国なまりの悪者を殺したり、そのたびに違う女性と時に軽口をたたきながらベッドインするのを楽しみにしている、と。

その点、マグヌッセン演じるアッシュはいかにも白人エリート男性といった外見だ。目的のためなら、仲間であるはずの相手もためらいなく殺す。こんな人物がボンドファンなのだとしたら、ボンドもそろそろ引退の潮時と言えるかもしれない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

カナダ、ファイザー製コロナ経口薬を承認 18歳以上

ワールド

北朝鮮、17日に発射したのは戦術誘導弾=KCNA

ワールド

米英、ウクライナに兵器供給へ ロシアの軍備増強に対

ワールド

ロシアがウクライナ侵攻なら代償、外交的な解決望む=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援に感動の声

  • 4

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月