最新記事

税制

G20、法人課税強化で合意 共同声明で変異株に懸念示す

2021年7月11日(日)16時23分
国際課税に関するG20のシンポジウム

主要20カ国・地域(​G20)財務相・中央銀行総裁会議は10日、新型コロナウイルスの変異株と途上国のワクチン不足が経済回復の障害になりうるとの認識を盛り込んだ共同声明を採択した。写真は国際課税に関するG20のシンポジウム。7月9日、ベネチアで撮影(2021年 G20 Italy/Handout via REUTERS)

主要20カ国・地域(​G20)財務相・中央銀行総裁会議は10日、新型コロナウイルスの変異株と途上国のワクチン不足が経済回復の障害になりうるとの認識を盛り込んだ共同声明を採択した。

また、世界的に企業への課税を強化するため、法人税率を最低15%以上にすることで合意した。経済協力開発機構(OECD)による7月1日の大筋合意を追認した。10月にローマで開くG20首脳会議で最終合意を目指す。

共同声明は、ワクチンと経済対策によって前回4月の会合に比べて経済見通しは改善しているものの、インドで最初に確認されたデルタ株など変異株が障害になりうると指摘した。「回復度合いは国によって、さらは各国国内でも大きく異なり、とりわけ変異株の広がりとワクチンの接種ペースの差によるダウンサイドリスクに引き続きさらされている」とした。

その上で、あらゆる政策手段を取ることを確認するとともに、物価と財政の安定を守ることにも言及した。

一方、議長国イタリアのフランコ財務相は、新型コロナ対策で市民に新たな制限を課すことを回避する方針でも合意したと表明。「人の移動や生活様式に対する制限の再導入を回避すべきという考えで一致した」と述べた。

共同声明では新型コロナワクチンについて「世界的に公平な分配」を支持する立場を強調したものの、具体的な提案は盛り込まれず、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界保健機関(WHO)、世界貿易機関(WTO)が提言するワクチン向けの500億ドルの資金調達に留意するにとどまった。

イタリアは、10月のG20首脳会議までに途上国向けのワクチン資金の問題についてG20で改めて議論するとし、新たな変異株に目を向ける必要があると述べた。詳細には踏み込まなかった。

IMFのゲオルギエワ専務理事は、ワクチン接種状況の差などによって世界経済は回復の格差が拡大する可能性があると警鐘を鳴らした。

法人課税強化で合意

今回の会議で政策面の最大のイニシアチブとなったのは、国際的な法人課税を巡る合意だ。

15%以上という最低法人税率の設定は、多国籍企業が税率の低い国を選んで納税するのを阻止する狙いがある。また、課税の一部を企業が拠点を置く場所ではなく、製品・サービスを販売した場所に基づいて行う計画で、アマゾン・ドット・コムやアルファベット傘下のグーグルなどIT(情報技術)大手への課税が変化することになる。

ニュース速報

ワールド

アフガンの女性問題省が「勧善懲悪省」に、元職員ら施

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    眼がついた人工脳が作製される

  • 5

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 6

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 7

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 8

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 9

    ヒトの血や尿と火星のレゴリスからコンクリートのよ…

  • 10

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 8

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 9

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月