最新記事

米大統領選2020 アメリカの一番長い日

著名エコノミスト9人による次期大統領への助言──コロナで深刻な打撃を被った米経済への処方箋は?

RX FOR AN AILING ECONOMY

2020年11月18日(水)18時15分
ピーター・カーボナーラ、スコット・リーブス(本誌記者)

低迷する米経済をどうやったら立て直せるか MICHAEL RAINES-MOMENT/GETTY IMAGES

<次期大統領の最優先課題は経済の立て直しだが、そのためにどんな行動を起こすべきか──9人の著名エコノミストに「大統領に最も助言したいこと」を聞いた。本誌「米大統領選2020 アメリカの一番長い日」特集より>

アメリカ人の目下の関心事は経済。10月初旬の世論調査会社ギャラップの調査では、大統領選の投票先を決める重要な要素は「経済」と答えたのは登録有権者の9割近く。テロや新型コロナウイルス、人種問題などを上回った。
20201117issue_cover200.jpg
全米の失業率は4月の14.7%より下がったが、9月の数字で7.9%と依然高い。失われた雇用は約3000万。深刻な影響を受けているのが中小企業の多い業界だ。口コミ情報サイトのイエルプの調査では、今年コロナの感染拡大で休業した飲食店3万2109軒のうち、1万9590軒(61%)は閉店した。

低迷する経済の立て直しに次期大統領は何をすべきか。著名な経済専門家9人に「経済について大統領に最も助言したいこと」を聞いた。

◇ ◇ ◇

ためらわずに3兆ドルの景気刺激を

■マーク・ザンディ(ムーディーズ・アナリティックス主任エコノミスト)

2008年秋にアメリカから始まった世界金融危機の教訓を忘れるな。そう力説するのは格付け会社ムーディーズのマーク・ザンディ。あのときは流動性の枯渇で市場が金欠に陥ったのに連邦政府が金を出し惜しみ、結果として必要以上に景気の下落・停滞が長引いて、それだけダメージも大きかった。「おかげで完全雇用(失業率4%以下)まで戻すのに10年もかかった」と、ザンディは言う。「もう同じ過ちを繰り返すわけにはいかない」

だから次期大統領は、取りあえず財政赤字も債務残高も忘れて市場に公的資金を投入し、思い切った景気刺激をやるべきだ。そう信じるザンディが期待するのは、現職ドナルド・トランプの続投ではなく民主党のジョー・バイデンが率いる政権の誕生。公共事業で景気を下支えするのは民主党の伝統だから、老朽化したインフラの更新や学校教育の充実に重点投資するのをためらわないとみる。

具体的な金額は? 本気で景気と完全雇用の早期回復を望むなら、少なくとも3兆ドルの投資が必要だとザンディは言う。議会民主党の当初案(3兆4000億ドル)よりは少ないが、今の共和党案(1兆6000億ドル)や民主党案(2兆2000億ドル)よりずっと多い。

有給の育児休暇を制度化して「 賢く消費する」女性を支援すべき

■サリー・クラウチェク(女性のための投資会社「エレベスト」のCEO)

アメリカ女性の4人に1人はコロナ危機のせいで仕事のダウンシフト(働く時間の短縮や、給料は下がっても楽な仕事への転職など)を検討し、または仕事をやめようと考えている──マッキンゼーの最近の報告にはそうある。これが本当なら彼女たちにとって不幸なことだし、国全体の生産性を維持する上でも由々しき事態だ。流れを変えるには有給の育児休暇を制度化し、雇用主に義務付けることが必要だと論じるのはサリー・クラウチェク。ウォール街のベテランで、今は女性向けのオンライン投資会社を経営している。

「今までの私たちは考え違いをして、出産休暇や育児休暇を(会社にとっての)コストと見なしてきたが、本当は投資であり、最初の年から帳尻が合うはずだ」とクラウチェクは言う。

「女性は総人口の半分を占める。この巨大なターゲットにもっとお金を持たせれば、すごいことが起きる。経済は成長し、世の中はもっと平等になる。家計は楽になり、非営利団体も楽になる。女性のほうが自分の富を分け与えるのに積極的だから」とクラウチェクは言い、「アメリカのGDPを大幅に引き上げたいなら、まずは女性に目を向けるべき」だと提言する。

そもそも女性の消費は、一般に男性よりも生産的だ。クラウチェクによれば、「男性は余った金を酒や遊びにつぎ込みたがるけれど、女性は家族の未来のために投資する」からだ。

ニュース速報

ビジネス

中国の滴滴、株式非公開化検討と報道 会社側「うわさ

ビジネス

ABインベブ、予想下回る四半期利益 売上高はコロナ

ビジネス

ユーロ圏景況感指数、7月は119.0と過去最高 上

ビジネス

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月