コラム

守られるべき少数派は黒人ではなく白人? 共和党の最大の武器「フィリバスター」とは(パックン)

2021年04月14日(水)17時31分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ミッチ・マコネル米上院院内総務(風刺画)

©2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<議事妨害「フィリバスター」という制度をうまく利用してきた共和党は、民主党が進める制度の全面廃止に全力で抵抗>

米連邦議会上院で見られる議事妨害「フィリバスター」。語源はオランダ語で「海賊」を意味する言葉だが、まさに海賊のように、これを使う人は国家という船を乗っ取ることができる。

フィリバスターは19世紀半ばに生まれた。過半数の議員が支持する法案でも、審議が終わらなければ採決できない。その事実に気付いた少数派は、審議を永遠に延ばす作戦に目覚めた。つまり、過半数の支持や民意に反しても、1人の議員が演説を続ける限り可決を阻止できるのだ。やった!

このひらめきに一番喜んだのは白人至上主義の議員。フィリバスターは南北戦争以前には奴隷制を守るために、奴隷解放後には黒人の投票権を守る法案や黒人への迫害を取り締まる法案の可決を阻止するために、20世紀半ばには黒人の権利を保障する公民権関連の法案を阻止するために使われた。

皮肉にも、フィリバスターを用いる議員は「少数派の権利を守るため」という口実を使う。社会で苦しむ黒人という本当のマイノリティーの権利より、白人至上主義者の「議員マイノリティー」の権利を優先しているのだ。

1975年にはルールが変わり、演説を強制的に止めるのに必要な議員票の数が100 票中60票に引き下げられたが、同時に実際に演説をする必要もなくした。今やフィリバスターするぞ!とメール1通でできるのだ。

この「吉野家式フィリバスター」(うまい、やすい、はやい)で一番おいしい思いをしているのは共和党のミッチ・マコネル上院院内総務と思われる。オバマ政権下では、少数派のリーダーとして法案の可決だけでなく判事の承認をも妨害した。政府はマヒ状態になり、あきれた国民は2014年の中間選挙で共和党に過半数の議席を与え、16年にトランプを当選させた。

するとマコネルは、上院の仕切り役として今度は最高裁判事の承認におけるフィリバスター制度をあっさり廃止し、猛ペースでトランプ政権が指名する判事の承認を進めた。

しかし、今はまた少数派の立場から多数派の民主党内で議論されているフィリバスターの全面廃止に全力で抵抗している。Ending the filibuster would turn the senate into a sort of nuclear winter!(フィリバスターを廃止すれば上院には「核の冬」が訪れる)とは、実際にマコネルが発した言葉。既に壊滅状態だから変わらないけどね。

【ポイント】
GOP OBSTRUCTION

共和党の妨害。GOPは米共和党の愛称であるGrand Old Party (古き良き党)を略したもの

20210518issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

5月18日号(5月11日発売)は「ALLY IN CHIEF 新章の日米同盟」特集。台頭する中国の陰で新たな「同盟国の長」となる日本の重い責務 [PLUS]菅義偉首相単独インタビュー

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

中国の無人探査機、火星への着陸に成功=新華社

ビジネス

セブン&アイの米コンビニ買収「違法の恐れ」、規制当

ワールド

台湾、コロナ警戒水準を引き上げ 感染者180人に急

ビジネス

アングル:米零細マスクメーカー、「在庫の山」抱え存

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマーの外資系企業、国軍が土地所有のビルから立ち退く

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 7

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 8

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    米物価上昇が意味すること

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 3

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 4

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 5

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 6

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 7

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 8

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中