コラム

大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり(パックン)

2020年11月20日(金)18時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

The Greatest Damp Squib / (c) 2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<大統領の座と同時に議会上下両院を制して権力を固める......民主党が目指していたのはそんな「トリプルブルー」だったが、トランプ支持は驚くほどしぶとかった>

トランプを大砲に突っ込み、大きな爆音で地平線の先まで飛ばす。そんなイメージで大統領選挙に臨んだ民主党だった。世論調査では10ポイント近くの大差で共和党を突き放していたし、民主党への大きな波を期待していた。もちろん、この「ブルーウェーブ」のスターといったら(いや、イチローではなく)ジョー・バイデン候補だ。

バイデン人気とトランプ不人気を足せば変化の力はすさまじいはず。大統領の座と同時に議会上下両院を制して権力を固める。そんな「トリプルブルー」を目指していたが......ふたを開けてみると、トランプ支持が驚くほどしぶとかった。

バイデンに入った約7800万票は史上最多の得票数だ。でも、トランプが得た7200万以上もの票は史上2番目! オバマやレーガン大統領をも超えている。しかも共和党は上院で過半数を守りそうな上、下院でも議席数を伸ばしている。ブルーウェーブも、その後のトリプルブルーもない。一方日本のブルーウェーブはバファローズになった。今年も最下位だけどね。

Massive Trump rebuke(大規模なトランプ否定)を楽しみにしていたDems(=Democrats・民主党員)はまさに、Awww...Come on!(うっそ......ふざけないでよ!)と思っている。選挙直前は1日に50回、就任してから2万5000回以上真実と異なる発言をしている「ウソつき大統領」でも飛ばせない? 経験も専門知識もない家族を政権の重要ポストに就けたり、公金を自社のホテルに回したりする「縁故主義・公私混同大統領」でも飛ばせない?

有罪判決を受けた盟友の刑の執行を免除したりする一方、自分を捜査中のFBI長官を解任・交代させたり、自分に対する内部告発者を脅したり、自分に不利な証言をした国防省職員(とおまけにその職員の兄弟も)を解雇したりする「司法省私物化大統領」でも飛ばせない?

脱税、性的暴力、資金洗浄などの疑惑が持たれたり、特別調査で司法妨害を指摘されたり、選挙法違反で有罪判決を受けた側近の裁判の書類に共犯者として記されたり、慈善財団の資金流用や開設した学校の詐欺的商法で罰金や和解金の支払いを命じられたり、職権乱用や議会妨害で弾劾訴追されたりするような「クリミナル大統領」でも飛ばせない?

こんな思いで、多くの民主党員はがっかりしている。どう見ても飛んでもいい人が飛ばせない? 飛んでもないね~。

【ポイント】
ARE WE DONE YET?
(発射は)まだなの?

<2020年11月24日号掲載>

20210803issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

8月3日号(7月27日発売)は「モデルナの秘密」特集。新型コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業「モデルナ」の正体と、彼らが追う「mRNA治療薬」の可能性


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

ベラルーシ選手がポーランド大使館に、亡命求めると関

ワールド

新型コロナ、武漢ウイルス研究所から流出 米共和党が

ビジネス

三菱UFJFG、4─6月期純利益倍増 上方修正「可

ビジネス

物価圧力生じるのは22年終盤、利上げはその後=イン

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中