コラム

街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

「EXCELLENT WET PAPER」日本の商品パッケージで見かける奇妙な英語

<英語を付けることでカッコよくする狙いがあるのかもしれないが、「日本の消費者のためだから」ではもう通用しない時代。どう変更すればいいのか、参

2020.10.14
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

日本のコロナ危機が示した、機械翻訳依存の危うさと専門用語の日英「誤差」

<「オーバーシュート(over-shoot)」は外国人の混乱を招き、「自粛」も「3密」も外国人には分かりづらい――。日本に住む人の大多数が日

2020.04.30
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

<厚労省のウェブサイトを見ると、新型コロナウイルスに関する重要な情報は不自然な英語が多く、また日本語の分からない人には見つけにくいという問題

2020.02.23
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

「HELLO, OUR STADIUM」新国立競技場の妙な英語──これで東京五輪を迎えるの?

<12月15日、五輪の主会場となる新国立競技場が報道陣に公開されると、私は驚き、息をのんだ。あまりに英語の問題が多く見受けられたからだ> 2

2019.12.26
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

「You can use this Internet for free.」日本の無料Wi-Fi案内で見つけた妙な英語

<不自然な表現やギクシャクしたフレーズ――。公共のWi-Fiサービスが増えてきたのはありがたいが、その説明文には英語の問題が多く見られ、意味

2019.11.22
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

「We apologize for the trouble and inconvenience」工事のお知らせなどで見つけた妙な英語

<ホテルなどで、何らかの臨時的な伝達事項を英語で書かなければならない時がある。しかし残念ながら、そういったお知らせの文章には英語の間違いが多

2019.10.17
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけた妙な英語

<訪日外国人が必ず利用する電車の駅で、残念ながら英語の間違いが多く見られる。どこが不自然なのか、どう変更すれば誤解を生じずに済むのか、ネイテ

2019.09.13
街中英語のネイティブチェック ロッシェル・カップ

「We are so sorry for the inconvenience」日本のホテルで見つけた妙な英語

<訪日外国人との接点が多いホテルで、残念ながら英語の間違いが多く見られる。どこが不自然なのか、どう変更すれば誤解がないのか、ネイティブチェッ

2019.08.02
  • 1

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    眼がついた人工脳が作製される

  • 4

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    ヒトの血や尿と火星のレゴリスからコンクリートのよ…

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    自ら望んだ「在宅ひとり死」をやり遂げた男の最期 看…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 9

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中