コラム

ボストン市長選で民主党左派のアジア系女性候補が勝利 今後の米政治への影響は?

2021年11月04日(木)16時40分

彼女は、NYのアダムス候補とは違い、「左派」の立場を明確にしています。徹底的に民主党左派の政策を訴えることで、若者を中心に多くの支持を集めて勝利したのです。重要なのは、そのような勝ち方で勝ったことではありません。そうではなくて、彼女は左派政策を「成功させる」ことを市民に約束したということです。

具体的には、市としての排出ガス抑制、公的交通機関の無償化、住宅の賃料高騰の抑止、市政府によるマイノリティー起業家への発注拡大を通じた貧困地区の活性化、などの公約です。一見すると、いかにも「野党的」で「いかにも左派的」な印象を与える政策です。ですが、ウー氏は、ハーバードを卒業後、一旦ボストン・コンサルティングで実務を経験し、その後、ハーバード法科大学院に入り直した「地に足のついたエリート」です。

彼女の目標は、環境基準の達成に加えて、ハイテクや金融に関係する人だけが潤い、貧困層は物価高騰などからボストンから出て行かざるを得ない「格差の拡大」そのものをスローダウンさせることです。そのためには、交通機関無償化、家賃規制、マイノリティーへの発注、といった政策を「バラマキ」に終わらせず、リアリストして市の経済成長に結びつけることが求められます。

トランプ回復?

ウー氏は、ハーバード卒のコンサルタントとして活躍していた時期に、体調を崩した母親の介護のためにキャリアを絶ってシカゴに帰郷、幼い弟たちの親代わりとなる中で、一念発起して家族を連れてボストンに戻り、法科大学院に挑戦したといいます。そこで、現在は上院議員となっているエリザベス・ウォーレン氏に師事しています。ウォーレン氏が破産法の研究者であったように、ウー氏もビジネスの世界のリアルを知りつつ、その能力を左派政策の「成功」、つまり都市の再生に結びつけようとしているのです。

2日の晩の勝利宣言では、冒頭に「私の息子たちが『ママ、男の子でも市長になれるの?』と聞いてきたので、『もちろんよ。でも、今回はママが市長になるの』と言ってやりました」と述べて、支持者の喝采を集めていました。

民主党の左派(プログレッシブ)が、グリーン・エコノミーと格差是正政策を、実際に大都市の市政へ持ち込むというのは、非常に注目されます。2022年の中間選挙、そして2024年の大統領選へ向けた政局を考える場合には、このウー氏のボストン市政が成功するか、失敗するかという問題は、「バイデン離れ」とか「トランプ回帰」といった印象論よりも、より本質的な意味でアメリカ政治の方向性に影響を与えていくと思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ロシアには輸入の大幅拡大が必要=国営銀行アナリスト

ビジネス

暗号資産、今後も困難な局面続く=英中銀副総裁

ビジネス

実質GDP、2四半期ぶりマイナス成長 コロナ影響で

ワールド

米交通事故死者、昨年は10.5%増加 05年以降で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中