コラム

東京都議選の争点は、五輪とコロナだけでなく山のようにある

2021年06月30日(水)14時30分

3点目は財政です。東京都にとって財政上の余裕資金にあたる財政調整基金(財調)が急速に底をつく事態となっています。2019年度末には約9032億円あった財調の基金が、感染拡大防止協力金の支給などコロナ禍対策に資金を投入した結果、最新の報道によれば2021年度末には21億円程度となる見通しだというのです。

もちろん、不正に関しては厳しく摘発すべきですが、協力金の支給に関しては都議会の決定であり、世論も後押しした政策です。ですから今になって否定したり、犯人探しをするのは違うと思います。そうではあるのですが、結果として基金が激減したのは事実であり、財政に関して根本的な立て直し策を立てなくてはなりません。

アメリカのバイデン政権の場合は、コロナ禍で疲弊した各州財政には連邦(国)が巨額の支援を行いつつあります。同じように国に支援を求めるのか、それとも増税をするのか、あるいは少なくとも都民には「ふるさと納税」を禁止して税収確保に動くのか、今ここで議論をしておくことは大切だと思います。

これからの東京都は巨大な高齢単身世帯を抱えていくことになります。人生の長い時間を東京の経済に貢献してきた世代に対して、東京都は必要な生活環境を維持する責任があります。その責任を全うし、そしてその後も東京という都会が生き残るために、財政に関する議論から逃げるべきではありません。

このように東京都政には、議論すべき点、つまり選挙戦の争点が山のようにあるわけで、あらためて真剣な政策論議を通じて民意が示されるよう願うばかりです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

サンタンデール銀、第3四半期純利益が予想超え 英事

ワールド

中国で50人の新型コロナ感染者、9月半ば以来の高水

ビジネス

ドイツの国家債務と政府赤字、予想下回る見通し=経済

ビジネス

JR東海、2期連続の最終赤字に コロナ禍長引き需要

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 6

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 7

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 8

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 9

    「眞子さまは海外脱出を選ぶしかなかった」 反論でき…

  • 10

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中