プレスリリース

防犯アドバイザー・京師美佳氏がWhoscall防犯アドバイザーに就任

2021年08月02日(月)14時00分
Whoscall株式会社
台湾発の迷惑電話・SMS対策アプリ「Whoscall」による詐欺電話被害軽減をサポート


全世界のダウンロード数が今年6月に9,000万件を突破した着信番号識別・迷惑電話/SMS対策アプリ「Whoscall(フーズコール)」(本社:福岡市、CEO:ジェフ・クオ)は、防犯アドバイザーとして活躍されている京師美佳氏が「Whoscall防犯アドバイザー」に就任したことを発表しました。
2020年11月に日本で法人を設立したWhoscallは、今春にはフィッシング対策協議会に加入するなど、日本における詐欺電話被害軽減を推進しています。この度、防犯に関する幅広い知識を有する京師美佳氏を防犯アドバイザーに招くことによって、日本における特殊詐欺の発生状況への理解を深め、その実情に即したサービスと情報の提供拡大を目指していきます。

【就任にあたっての京師美佳氏のコメント】
この度大変光栄なご縁を頂き、「Whoscall防犯アドバイザー」に就任致しました。刑法犯認知件数が年々減少する中、詐欺電話やSMS詐欺などは大きな減少がありません。Whoscallのユーザーは、架空請求や振り込め詐欺、迷惑電話などを自動で着信拒否ができ、更に、お店や企業など誰から電話がかかってきたのかを知ることができるのでとても安心です。Whoscallと共に被害者を一人でも減らすべく頑張ります。



【京師美佳が教える詐欺被害を防ぐ3つの対策】
●知らない相手からの連絡を直接受けない
留守電や迷惑メッセージフィルターの使用、番号を検索してからかけ直すことでリスクを減らせます。
●詐欺対策アプリ「Whoscall」を使う
本物と見分けにくいスミッシングや迷惑SMS、詐欺やセールス電話などを事前に拒否してくれ安心です。
●自分だけは大丈夫だと考えずにしっかり対策する
「自分は大丈夫」と過信する人が被害に遭うケースが多いようです。常に「詐欺かも?」と疑いを持ち、慎重に対策することで詐欺を防げます。




【Whoscall防犯アドバイザー・京師美佳氏 プロフィール】
女性防犯アドバイザー、犯罪予知アナリストとして、情報番組やNEWS番組などメディアにも多数出演。元警察署長の父や刑事の姉を持つ防犯のサラブレッドとして、セキュリティ全般の知識を活かし講演やYouTube防犯チャンネルなど啓蒙活動も行う。
2001年 錠前資格取得
2002年 防犯設備士取得
2005年 京師美佳セキュア・アーキテクト設立
2009年 一般社団法人全国住宅等防犯設備技術適正評価監視機構理事就任
建物の防犯診断、防犯プロデュースなど専門家として幅広く活動を行う。「防犯アドバイザー京師美佳の安心生活をつくる自己防衛の心得35」など著作多数。

Whoscallと京師美佳氏は、最新の詐欺情報を把握した上で、注意喚起を行い、日本における詐欺被害の軽減を目指します。

【台湾発の着信番号識別・迷惑電話対策アプリ「Whoscall」とは】
台湾のGogolookが開発・提供するスマートフォンアプリ「Whoscall」は、現在、全世界で9,000万ダウンロードを超えており、2015年に「APP Store」のベストアプリに選ばれています。台湾では2人に1人がダウンロードする実績を持ちます。CEOのジェフ・クオは、台湾の総統・蔡英文(ツァイ・インウェン)氏から2020年9月に台湾総統イノベーション賞を受賞しました。2020年は2.8億件の迷惑電話と迷惑SMSを阻止しています。また、台湾ではCIB(犯罪捜査局)、韓国ではFSS(韓国金融監督院)、タイではPCT(タイ警察サイバー対策組織)と協力して詐欺被害対策に取り組んでいます。日本では、福岡市のAIやIoT等の先端技術を活用した社会課題の解決等に繋がる実証実験プロジェクトに採用されています。2013、2016年には、Google Playの「ベストアプリ」を受賞し、Googleの元CEOであるエリック・シュミット氏も自身のスピーチでWhoscallについて称賛しました。
Whoscallでは、膨大なデータベース及びAI技術を用いて詐欺の電話番号を検出できます。SMSを利用した詐欺の場合、Whoscallがハイパーリンクスキャンテクノロジーを用いて、わずか0.5秒でアンドロイド対応端末に不審なSMS、及び悪意のあるリンクを検出します。コロナ詐欺の急増などを受け、Gogolookはスタートアップ企業への支援が豊富な福岡市に日本法人(Whoscall株式会社)を設立しました。
今後も日本市場でのサービス拡大と消費者の安心・安全への貢献を目指します。

Whoscall (iOS/Android版):https://general.onelink.me/3641113820/a0736524
公式サイト:https://whoscall.com/ja


【会社概要】
会社名: Whoscall 株式会社
代表者: ジェフ・クオ(郭建甫)
所在地: 福岡市
設立: 2020年 11月
事業内容: 電話番号識別サービス「Whoscall
(フーズコール)」の運営・開発

URL: https://whoscall.com/ja/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

南欧の銀行は気候変動に脆弱、融資先にリスク=ECB

ワールド

タイ、外国人観光客の受け入れを11月に延期 バンコ

ビジネス

中国スマホ国内出荷、8月は前年比9.9%減=政府系

ワールド

英国と韓国、新型コロナワクチンのスワップで合意

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 3

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 8

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫…

  • 9

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 10

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 7

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 8

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中