コラム

日本に必要なワクチン接種の加速、アメリカはどうやった?

2021年05月20日(木)18時20分

アメリカは米軍も動員して急ピッチでワクチン接種を進めた Marco Bello-REUTERS

<あらゆる面で新型コロナワクチン接種の遅さが日本の足を引っ張っている。ではアメリカは「コロナ劣等生」から「ワクチン成功国」にどうやって変わった?>

立場が逆転してしまった。

去年2月あたりから、僕はアメリカにいる親戚、友達と連絡を取るたびに「大変だね。がんばってね」と、彼らを励ましていた。世界でもまれに見る「要請ベース」の新型コロナウイルス対策が案外に成果を出していた日本から、苦戦していた母国を見て憐れんでいたのだ。友達からコロナ禍の苦しい実体験を聞いて、「アメリカ人はかわいそうすぎる」と同情すると、「おめえもアメリカ人だろうが!」と、いつも怒られていた。

しかし最近アメリカは、1日30万人以上の新規感染者が出る世界一の「コロナ失敗国」から、1日400万人以上のワクチン接種が出来る世界一の「ワクチン接種成功国」に様変わりしている。すでに人口の約半数がワクチン接種を済ませて、新規感染者がピーク時の10分の1ほどに落ちている。

おかげで国民生活も元に戻りつつある。会食も、州間移動や海外旅行も、第2の国技と言われる「濃厚接触」もできるようになっている。CDC(米疾病対策センター)が「ワクチン接種済みの人は室内でもマスク着用する必要なし」と発表したことを受け、大勢の人が1年以上ぶりにマスクを脱ぎ笑顔を見せあっている。(もちろん、医療現場、公共交通機関、銀行強盗、舞踏会、なまはげなど、まだマスク必着な場面はあるが。)

そんなアメリカを今見て僕は羨んでいる。しかし誇らしくなり「やればできるね。さすがわが国!」と、喜びを友達と分かち合おうとすると、「おめえは日本側だろう!」と、以前の傲慢さを材料に攻撃される。

まあ、友達も心の狭い人なだけの話だ。
 
僕は日本びいきであるのは間違いない。テレビでも、このコラムでも、いろいろと願いや希望を伝えてきたが、常に「愛のあるダメ出し」を心掛けている。その上、今は国民全員が一丸となって闘わないといけない「見えない強敵」と対戦中。こんなときに、政府を厳しく批判しすぎてしまうと、国民の政府に対する不信感や怒りが高まり、正しい「要請」をも聞いてくれなくなるおそれもある。だから、コロナ中はいつもよりも少し遠慮している。僕、強大な影響力があるからね。

一番確実な感染対策は?

しかし、今は呼び掛けのボリュームを振り切ることにした。今までは「検査数が少ない!」、「医療従事者、病床の確保が足りない!」、「給付金の申請がわかりづらい!」、「経済対策が緩い!」、「オリンピックのコロナ対策が不安だ!」などと、専門家の指摘を拾ってさまざまな不満を、常識的な音量で発してきた。しかし、今は「リンダリンダ」のサビぐらいの大音量であることを叫びたい。

いくよ......ワクチン接種が遅い!!! 

これは急がないと本当にまずい気がする。国民の間に「自粛疲れ」が目立ち、緊急事態宣言の効果は以前ほど確認できていない。みんな外出を控えているつもりだが、そもそも曖昧だった「不要不急」の定義がだんだん広くなってきている。今ハーラン家では「天かすの買い出し」も「要で急」と認定している。ここまで何とか成功していた「日本モデル」の崩壊が目の前まで迫ってきている。

では、一番確実な感染対策は? ワクチン接種!

昨年度の実質GDPはマイナス4.6%だった。今年度に入ってすぐ緊急事態宣言が発令され、それによる経済損失は少なくとも1兆7600億円と、野村総合研究所は試算する。飲食店、旅行代理店だけではなく、経済全体が疲弊している。

日本の今年1~3月期のGDP伸び率はマイナス5.1%だったが、3月末までに75%の高齢者がワクチン接種できたアメリカのはプラス6.4%。つまり、一番効果的なの経済対策は? ワクチン接種!

日本で重症者の人数が新記録を更新し続けるなか、ICU(集中治療室)の病床の使用率も高く、医療従事者も疲れ果てている。

では、医療体制のひっ迫を解消する決定的な策は? ワクチン接種!

感染力が強い変異株が世界各地で飛び交っている時期に、外国から何万人もの来日が見込まれるオリンピックの開催を、多くの国民が反対している。

では、アスリート、関係者、会場のスタッフ、開催地の市民の健康を守る一番の手段は? はい、ご一緒に! ワクチン接種!

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

欧中の気候変動担当トップが27日に直接会談、COP

ワールド

イラン、ガソリン販売システムにサイバー攻撃 各地で

ワールド

気候変動リスクの開示義務付けを=仏中銀総裁

ワールド

拘束のスーダン首相は無事、軍の行動は内戦回避が目的

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中