コラム

トランプとかけて『アナ雪』のエルサと解く、その心は?

2020年12月28日(月)16時40分

トランプは上記の「良くない恩赦」を全部やっている。2017年に大統領として行った最初の恩赦はアリゾナの保安官への予防恩赦。イラクで子供を撃ち殺した戦争犯罪者も含めて、政治的な味方や友人の勧めで「上級国民的な恩赦」を数多く与えている。そして、偽証罪などで有罪となったジョージ・W・ブッシュ(ジュニア)政権の政府関係者にも恩赦を与えている。レベル1,2,3を全部制覇した、いけない恩赦の三冠王だ!

しかも、トランプはそこで満足せずさらに上を目指しているようだ。つまり、恩赦の新しいレベルを作ること。それが、大統領自身が対象となる捜査の関連で罪に問われた人への「自己防衛恩赦」。

ロシアによる2016年の米大統領選へ介入にトランプ陣営やトランプ本人が関わったかどうかをロバート・ムラー特別検察官が捜査した結果、トランプの関係者が大勢起訴された。そのなかで、トランプは5人に恩赦を与えた。

大事なのは、彼らが司法妨害や偽証罪など、捜査自体を阻止しようとした罪に問われていた点。捜査妨害に問われていない上、トランプの悪行を議会でも赤裸々に語り、偽証も認めた元側近は恩赦されることもなく、実刑を食らったままだ。つまり、証拠隠滅したり、嘘をついたりしてトランプを守った人を、トランプが恩赦している。倍返しならぬ、恩返しだ!

少なくともそう見える。しかも、これらの恩赦は捜査の最中に、被告人が証言する前にも大統領から仄めかされたケースもあった。「黙ってくれれば、後で恩赦するぞ」と言わんばかりのこの行為自体が、証人買収や司法妨害と考えられる。さらに、公職の権利を使い、自分にとって利益になる行動を引き出すことは賄賂的とも考えられる。少なくとも専門家はそう指摘する。

やっぱりエルサだった

現職大統領は起訴できないが、トランプはまもなく一般人に戻る。脱税や選挙法違反など積もりに積もっている数々の容疑のほかに、このレベル4の恩赦関連容疑でも、逮捕・起訴されかねない。ジョー・バイデン氏がホワイトハウスに入った後、トランプはビッグハウス(=刑務所)に入るかもしれない。

いや、そうはいかない!いろいろやったかもしれないが、トランプは許されるはずだ!
誰に?トランプに!

これからトランプはさらに「いけない恩赦レベル5」を新しく構築するだろう。自分の顧問弁護士や自分の子供、自分の会社の関係者などに予防恩赦を与えた上に、最後は自分自身をも将来の全ての責任追及から守る「完全予防自己恩赦」を与えようとすると、僕は見る。

もちろん、これがもっともやってはいけないもの。大統領を完全に超法規的存在として設置することになるから。これが通るなら、例えば大統領が政敵を手下に暗殺させて、その手下を恩赦した上で自分をも恩赦できることになる。あり得ない!

しかし、あり得るかもしれない。完全予防自己恩赦は、実際にやってみて連邦最高裁が審理し判断するまで、有効となるかどうかわからない。

でもトランプはその未知の旅へ出掛けるだろう。

あらっ。未知の旅へ......?

イントゥ・ジ・アンノウン......?

やはりトランプはエルサだ!

僕、映画の見過ぎだね。

20210928issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月28日号(9月22日発売)は「予防医療の時代」特集。「治す」から「防ぐ」へ――ゲノム検診で異常検知し、マイクロRNA解析が癌を超早期に発見。極小ナノマシンが細胞診断する日も近い


プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

フィリピン中銀が政策金利据え置き、インフレ加速でも

ビジネス

英PMI、9月速報は2月以来の低水準 スタグフレー

ビジネス

スイス中銀、金融緩和策を維持 国内景気に一段と慎重

ワールド

ノルウェー中銀、予想通り0.25%利上げ 12月に

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 3

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    「中国版リーマン・ショック」恒大集団の経営危機が…

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 8

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 9

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 10

    1歳の姪にかみ付いた愛犬を安楽死させた自分が今も許…

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 6

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 7

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 8

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 9

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 7

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 8

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中