コラム

トランプの嘘が鬼のようにてんこ盛りだった米共和党大会(パックン)

2020年09月03日(木)15時40分

1)元フロリダ州司法長官のパム・ボンディはバイデンが副大統領だったころに息子が利益を得るように職権を不正に使った疑惑を取り上げ、バイデンを厳しく批判した。疑惑の内容自体は事実無根であって「ウソだ!」の瞬間でもあった。しかし、それをはるかに超える衝撃があった。「大統領は政府内の立場を活かし、自己利益や家族の利益のために立場や権限を使ってはいけない!」という常識的なメッセージを発したのだが、その時の画面が非常識なことになっていた。演説中の人物の顔の下にCNNはその後に登壇する人のラインアップを並べていたが、ボンディの顔の下に揃った3名はメラニア・トランプ、ティファニー・トランプ、エリック・トランプ。大統領の家族が登場しまくる党大会に「縁故主義反対」の演説? ウソだ~!と、ひっくり返りそうになった。

トランプは大統領に就任してすぐ娘と義理の息子を重要なポストに任命した。娘のブランドを政府のイベントやホームページでPRした。息子が経営する会社のリゾートホテルに政府関係者が泊まるようにし、3年ちょっとで約100万ドルの税金をトランプリゾートの宿泊料に使ったのだ。そして、今回の党大会で妻、娘、息子、もう一人の娘、義理の娘、そして息子の彼女にまで演説をさせた。ちょうどお盆でみんな帰省していたから都合がよかったのでしょうかね。でも、ボンディさん、怒りの矛先、間違っていない?

2)「法律と秩序」を中心的なテーマにした共和党大会に重罪の容疑者が出演したときにも「ウソだ~」! 今年6月に自宅の前に行進していたBLM(Black Lives Matter=黒人の命も大事)運動のデモ参加者にピストルとライフルを向けたことで逮捕、起訴された白人夫婦のことだ。党大会の初日にビデオ出演し、ヒーロー扱いされる様子がテレビで全国中継された。そしてその翌日、ウィスコンシン州のBLMデモ参加者に白人男性が同じように銃を向けて引き金を引き、2人撃ち殺したのだ。こちらも保守メディアから英雄視されている。これが与党の目指している「秩序」なら実に怖い。特にアメリカの黒人の皆さんにとっては。日本にいる白人の僕もビビっているぐらいだからね。

与党が考える「法」にも疑問がある。トランプは国土安全保障長官代行が5人の移民を集めホワイトハウスで帰化セレモニーを行ったときの映像を党大会で流した。(アンチ移民で有名なトランプが? ウソだ~)。さらに、ホワイトハウスで元受刑者に恩赦を与える映像も流した。そして、ポンペオ国務大臣は訪問先のイスラエルの首都エルサレムからビデオ出演し、ペンス副大統領は演説準備のためにわざわざ全面閉鎖された国定史跡で、メラニア夫人とトランプ大統領はホワイトハウスで演説を行った。どれも政治活動のために政府の施設や連邦職員の職権の利用を禁じるハッチ法に違反すると、法律の専門家が指摘している。つまり、法の厳守を訴える演説をしながら法律を犯していたのだ。それを見てさすがに大きな「ウソだ~!」が口から漏れた。トランプ夫妻はホワイトハウスでやるのはしょうがない。今はやりのリモートワーク、在宅勤務なだけだ! そういう人もいる。だが、6つの住宅と11ものリゾートホテルを所有しているトランプは、僕(納税者)が電気代を払っている物件をわざわざ使う必要はないだろう。

重鎮の家族の出席はゼロ

3)なにより、毎日数万人の新規感染者と約1000人の死亡者を記録する世界一のコロナ感染大国の与党の党大会だ。そこで大勢の人が集まり、マスク無しで握手したりハグしたりして、「もう4年!」とか「USA! USA!」と大声を出したりする光景に一番大きな「ウソだ~!」を放った。

今年6月にも感染拡大中にトランプがオクラホマ州タルサで選挙集会を行った直後、スタッフ8人が感染していたことも発覚し、タルサでの感染者が急増した。偶然ではない、とタルサ市の衛生局長が言う。それでも、規模を縮小したとはいえ、共和党は「リアル党大会」を実行することにした。そして、参加者とスタッフを合わせて4人がすでにコロナ検査で陽性だ。

しかし、繰り返しコロナの脅威を軽視するトランプから支持者はソーシャルディスタンス(社会的距離)をとらなくても、共和党の重鎮は政治的なディスタンスをとっている。ブッシュ家、チェイニー家、レーガン家など、この半世紀共和党を代表してきた家族からは1人も出席も出演もしなかった。「電通が絡まないオリンピック」のような、普段なら想像できない異例の出来事だ。

だが、その重鎮たちは以前から距離を置いていた。一方でトランプの味方の政治家は誰も離れない。1人以外は。それはトランプを支援する黒人グループの会長で、2016年の有力大統領候補だったハーマン・ケイン氏。彼は6月に開かれた政治集会にトランプの応援に駆け付けてくれたのに、今回の党大会には来てくれなかった。なぜなら、その集会に出席した直後にコロナに感染して入院し、7月末に亡くなったからだ。

信じてはいけない誤報にウソだ! 信じられない光景に呆れたウソだ~! 共和党大会は本当にそんな出来事の連発だったが、そう思ったのは僕だけじゃないはず。会場に集まった熱狂的な支持者はUSA! USA!と声を合わせていたかもしれないが、テレビの前で全国のみんなはUSO! USO!と大合唱していたと、僕は願いたい。

<関連記事:トランプはもう負けている? 共和党大会
<関連記事:トランプ、黒人差別デモに発砲した白人少年は「正当防衛」

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ワールド

IMF理事会、世銀報告書へのゲオルギエワ氏の関与を

ワールド

米、コロナワクチン追加接種展開の用意 規制当局の承

ワールド

米、アラブ諸国とイスラエルの国交正常化推進 アブラ

ビジネス

米ミシガン大消費者信頼感、9月は小幅上昇 予想は下

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    85年前に絶滅したフクロオオカミの映像がカラー化さ…

  • 6

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら人生が急展開した

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 6

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 7

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 8

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中