最新記事

シリーズ日本再発見

渋谷の再開発「続々と超高層ビル誕生」の足元で起こる変化

2019年03月29日(金)16時25分
井上 拓

渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)SHIBUYA SKY 俯瞰イメージ Photo:渋谷駅街区共同ビル事業者

<渋谷ストリーム、渋谷スクランブルスクエアなど「100年に1度」と言われる渋谷駅周辺の再開発。渋谷はどう変わるのか。そして、工事現場だけ見ていても分からない、他のまちづくりと異なる特徴とは>

「100年に1度」と言われる大規模な再開発が、東京の渋谷駅周辺で進んでいる。昨年9月には高さ約180メートルの大規模複合施設「渋谷ストリーム」が開業。今秋にはその渋谷ストリームを超える高さ約230メートルの「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」が開業し、その後、2027年度まで都市再生プロジェクトが目白押しだ。

これから渋谷はどう変わるのか。それが東京全体、あるいは日本全体にどんな影響を及ぼし得るのだろうか。

japan190329shibuya-2.jpg

渋谷駅周辺航空写真(2017年6月撮影) Photo:東京急行電鉄株式会社

japan190329shibuya-3.jpg

2027年度頃の渋谷駅周辺のイメージ (上空よりのぞむ) Photo:東京急行電鉄株式会社

カギを握るのは、まずは東急グループだろう。例えば東京都心の東側、東京駅周辺地区は現在、三菱地所と三井不動産が競い再開発を進めているが、ここ渋谷は歴史的にも東急グループが牽引し、「まちづくり」をしてきた街と言える。

1885(明治18)年、日本鉄道品川線(現・JR山手線)の開通により渋谷駅が誕生。明治後期から昭和戦前にかけて、複数の電車・バス路線が乗り入れを開始するようになり、ターミナル駅化が進んでいった。

1932(昭和7)年、渋谷町から渋谷区に。翌々年には、東日本初の私鉄直営のターミナルデパート「東横百貨店」(後の東急百貨店東横店東館)がオープンし、乗降客数の増加とともにさらなる発展を遂げていく。

副都心と位置づけられるようになったのは戦後になってからだ。戦災復興の中で、新宿や池袋と並び、東京の重要な開発エリアの1つになった。当時の背景としては、東側に重点都市があった東京で、都市構造的な交通インフラの延伸など、西地域に戦略的な発展性を見込まれたことが大きい。

映画館やプラネタリウムを有する総合文化施設「東急文化会館」をはじめ、戦後は新しいランドマークとなる施設が続々と開業していく。70年代にはNHKが神谷町から渋谷に移転、パルコが進出し、ファッションコミュニティ109(現・SHIBUYA109)が誕生するなど、企業の推進力によって、駅周辺だけでなく広域圏に拡張しながら、東京の文化的拠点の意味合いを強めていった。

90年代以降、渋谷発のポップミュージック「渋谷系」、コギャル、ガングロ......など若者カルチャーを牽引する流行発信拠点へ。2000年代になると「ビットバレー」と称され、IT企業やスタートアップが集積して、大手町や丸の内などとは異なるオフィス街の様相を呈するようになった。

100年のあゆみの中で、さまざまな機能と役割を持ち、日本を映す鏡のような街に変化を遂げていった渋谷。毎日50万人が行き交うスクランブル交差点が暗喩するかのように、その魅力として想起できるのは、多層的で多様性に富んだカルチャーと言えるだろう。

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から「アンガーマネジメントが必要」との声も

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 9

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 10

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中