コラム

イスラエルはコロナワクチン接種の「成功例」か──捨てられる人々

2021年05月01日(土)12時30分

アムネスティなどが指摘した「占領地」とは、イスラエルが軍事占領しているパレスチナを指す。

パレスチナのヨルダン河西岸地区とガザ地区は1947年の国連決議でパレスチナ人のものと定められていたが、イスラエルは1967年の第3次中東戦争のどさくさの最中に占領し、その後ユダヤ人の入植を進めた。これは国際法で禁じられる植民地にあたる。

イスラエル国民の大部分を占めるユダヤ教徒、とりわけ保守派の間には、ヨルダン川西岸やガザを含むパレスチナ全域を、聖書に記述のある「カナーン(ユダヤ人が神から与えられた土地)」と捉える考え方があり、国連の決議にもかかわらず長年これらを支配してきたのだ。

このうち、ガザに関してはイスラエル政府が2005年に入植地を撤去した。しかし、反イスラエルを叫ぶイスラーム武装組織ハマースのテロ活動を抑えるためとして、イスラエルはその後ガザへの物流を封鎖した。その結果、ガザでは現在に至るまで食料や医薬品が慢性的に不足し、停電も常態化している。

一方、ヨルダン河西岸に関しては、その大部分をイスラエルが現在も軍事的に占領し、入植を続けている。そのため、占領地ではイスラエル兵と住民の衝突が絶えない。

パレスチナには現在、暫定政府が樹立されているが、イスラエルによる実効支配のもと、暫定政府は実質的には政府としての役割をほとんど果たせていない。これを念頭にアムネスティなどは、イスラエルがヨルダン河西岸やガザなどでコロナワクチン接種を進める法的義務を負っているにもかかわらず、それを果たしていないと告発したのだ。

この観点からアムネスティなど19の人権団体は、「イスラエルの予防接種率は60%以上」と発表しているオックスフォード大学のOur World in Dataに対してもイスラエル国民だけを母数にしたデータは、イスラエルの占領政策やその法的責任を無視した政治的データと批判している。

イスラエルが負うべき負担とは

イスラエル政府の無作為を反映して、パレスチナ占領地ではコロナ感染が拡大している。

ヨルダン河西岸とガザに暮らすパレスチナ人は約497万人だが、4月27日までの累計感染者は32万人、死者は3452人にのぼる。人口規模が20倍以上の日本における同時期の累計感染者、死者がそれぞれ57万人、約1万人であることから、感染リスクの高さがうかがえる。

プロフィール

六辻彰二

筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

ニュース速報

ワールド

インド国営生保大手のIPO、中国からの投資を阻止か

ビジネス

金融庁、みずほに業務改善命令 システム運営の監督強

ビジネス

南欧の銀行は気候変動に脆弱、融資先にリスク=ECB

ワールド

タイ、外国人観光客の受け入れを11月に延期 バンコ

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 3

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 8

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫…

  • 9

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 10

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 7

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 8

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中