コラム

塗り替わる世界秩序 六辻彰二
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消える」アフリカ系アスリートたち

・ウガンダ選手の逃避行は偶発的なものではなく、アフリカ出身選手が国際大会で行方不明になる事件は近年多発している。 ・そこには国際大会への参

2021.07.23
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

日本とフィリピンを結んだアキノ前大統領──皇室との交流が開いた新地平

・先日死去したフィリピンのアキノ前大統領は在任中、日本との関係強化を進めた。 ・その背景には、海洋進出を進める中国との対立があった。 ・し

2021.06.28
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

・アボカド栽培には大量の水が必要になるため、消費が世界的に増えるなか生産地では水不足が深刻化し、健康被害も出ている。 ・また、アボカドは熱

2021.06.22
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

AI(人工知能)をめぐる軍拡レース──軍事革命の主導権を握るのは誰か

・アメリカではこれまで国家権力と距離を保ってきたシリコンバレーでも、AIの軍事利用に協力する動きが広がっている。 ・そこには中国などの台頭

2021.06.16
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

先住民族「強制収容所」で子供215人の遺骨発見──それでもカナダが先進的な理由

・カナダで先住民族の子供が集められていた「強制収容所」の跡地が発見された。 ・これは先住民族を「同化」の名の下で迫害してきたカナダ史の暗部

2021.06.08
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「愛される中国」を目指す習近平の焦り──「中国が理解されていない」

・習近平国家主席は共産党幹部に、中国について国際的な理解を得られるよう、もっと努力することを指示した。 ・そこには、トラブルを抱えた外国政

2021.06.07
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「恋人」アメリカを繋ぎ止めたいイスラエル──パレスチナで暴走する意図とは

・アメリカ政府は基本的にイスラエルに甘いが、その行動によって足を引っ張られることもある。 ・そのため、アメリカはしばしばイスラエルにブレー

2021.05.18
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

ミャンマー軍政と対立する少数民族に中国がコロナワクチン接種をする理由

・ミャンマーでは少数民族の支配地域で中国がコロナワクチンの接種を行っている。 ・中国はミャンマー軍事政権の後ろ盾であるが、少数民族はこれと

2021.05.14
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

インド首相はウイルスの「スーパー拡散者」──人災としてのコロナ蔓延

・インドのモディ首相はコロナ第4波が迫るなかで行われた4月の選挙で、選挙活動を自粛した野党と対照的に、堂々と多くの支持者を集めた。 ・その

2021.05.07
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

イスラエルはコロナワクチン接種の「成功例」か──捨てられる人々

・ワクチン接種が遅れがちな日本と対照的に、イスラエルは国民の約60%が接種を受けているとみられ、「成功例」としてしばしば取り上げられる。

2021.05.01

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中