Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.6.22号(6/15発売)

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

Cover Story

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

新型コロナ 素人集団が暴いた武漢研究所の嘘
■タイムライン 謎を解くカギは「RaTG13」
■調査 中国政府の協力はあり得ないと心せよ

政治犯たちと過ごした26日間

ミャンマー 収監のジャーナリスト北角裕樹が見たミャンマー監獄の過酷な現実

袋小路? 平民宰相の出口戦略

日本政治  新型コロナと五輪で支持率が低迷する菅義偉の知られざる思想と行動
【Periscope】
AFRICA 世界のため、もっとアフリカにワクチンを
SOUTH KOREA 兵役をめぐる判決でKポップファンに悲鳴
UNITED STATES ファウチ攻撃にちらつくトランプの影
CHINA 仮想通貨マネロンで中国が1000人逮捕
【Commentary】
主張 中国の民族問題を経済で語るなかれ ── 楊海英
貿易 グローバル化は力強く息を吹き返す ── ダニエル・グロー
米政治 トランプは死なず、消え去りもせず ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 トンデモ議員が共和党の顔に ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 経営の「通信簿」は有意義だ ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える キレやすい彼は父親になれる?
本好きに捧げる ホメない書評 本気度に?が付く政権構想本 ── 石戸諭
森達也の私的邦画論 『座頭市』シリーズはまるで勝新そのもの ── 森達也
【World Affairs】
中東 崩壊国家シリアに最悪の飢餓迫る
米経済 インフレ懸念について知っておくべきこと
ベネズエラ アメリカの経済制裁がマドゥロを利した
【Features】
IT ウクライナの危ない仮想通貨愛
【Life/Style】
Movies 悪者のキバを抜くディズニーの商魂
Movies 世界のスクリーンにイスラエルの「今」を映して
Celebrity 中国を怒らせた「出禁」セレブたち
Books 宇宙でも家庭でもけんかするなら建設的に
UFO 異星人と会える(かもしれない)謎のスポット8選
My Turn  コロナ患者の「別れの挨拶」を助けて
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 母国がにじむ中国系住民の郊外的日常
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 中国人名は日本語読みでお願いします ── 周来友

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 4

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 5

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 8

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 9

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 10

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中