Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.4.27号(5/ 4発売)

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

Cover Story

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

エンタメ 今見るべき韓国ドラマ&映画50
ヒット作 『愛の不時着』が世界制覇した理由
Q&A チャウヌ「新しい僕を『女神降臨』で見てほしい」
人物 知っておきたい旬な俳優たち
注目作 見始めたら止まらない!珠玉のドラマ20選
『ヴィンチェンツォ』『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』『サム、マイウェイ〜恋の一発逆転〜』『マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜』『私の名前はキム・サムスン』『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』『ストーブリーグ』『第5共和国』『キム課長とソ理事〜Bravo! Your Life〜』『太陽の末裔Love Under The Sun 』『六龍が飛ぶ』『ミセン─未生─』『シグナル』『SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜』『秘密の森』『ナビレラ−それでも蝶は舞う−』『サイコだけど大丈夫』『家族なのにどうして〜ボクらの恋日記〜』『賢い医師生活』『キングダム』
舞台裏 韓国映画の栄光の裏側に
レビュー 大画面で見たい! 最新映画
『白頭山大噴火』マ・ドンソク Q&A
『王の願い ハングルの始まり』/『逃げた女』/『サムジンカンパニー1995』
名作 私のとっておき映画5本
■はるな愛 演技に引き込まれ究極の愛について考える
『新感染 ファイナル・エクスプレス』『7番房の奇跡』『いつか家族に』ほか
■権容奭 「ろうそく革命」が生んだ熱い社会派映画たち
『インサイダーズ/内部者たち』『荊棘の秘密』『コクソン/哭声』ほか
■カン・ハンナ 面白い韓国映画には理由と「仕組み」がある
『八月のクリスマス』『殺人の追憶』『タクシー運転手 約束は海を越えて』ほか
■ハリー杉山 たとえ民主化の歴史を知らなくても
『オールド・ボーイ』『KCIA 南山の部長たち』『神と共に』ほか
【Periscope】
UNITED STAETS フロイド事件の有罪評決で安心するな
INDIA 仇敵インドに支援を申し出た中国の胸算用
JAPAN 盛り上がるファイブアイズの日本加入論
GO FIGURE 米軍アフガン撤収を有権者は断固支持
【Commentary】
英社会 失言と親近感を英王室に遺して──コリン・ジョイス
視点 中国「中東シフト」の動機を読み解く──シュロモ・ベンアミ
追悼 心優しき超大物大使よ、安らかに眠れ──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 子分は窮地でもトランプは健在──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 運送会社のEV化がもたらす革命 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 感染しているのに父が遊びに来た
 
その言葉への違和感 「ニュウニホンカ」提言の本質──望月優大
森達也の私的邦画論 刑事役で走り続けた石井聰亙の『シャッフル』── 森達也
【Features】
イギリス ジョンソンの羅針盤なき環境政策
ルポ ミャンマーの真実が闇に葬られる
日韓関係 アメリカを悩ます歴史のとげ
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power チェルノブイリは生き続ける
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 留学生よりオリ・パラの選手が大事? ── 西村カリン

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき9つの場所

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 7

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 10

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 5

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 9

    アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

  • 10

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中