Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.4. 6号(3/30発売)

特集:共産党と闘うウイグル女性

2021年4月 6日号(3/30発売)

Cover Story

新疆ウイグル自治区で続く中国政府の弾圧。少数民族の女性たちが反撃ののろしを上げ始めた

少数民族 被害者に甘んじないウイグル女性たち
歴史 拷問を生き延びた家族の告白
ビジネス 中国進出企業は今すぐ撤退せよ
視点 ウイグルの悲劇を「集団虐殺」と本当に呼べるか

今こそ知りたい世界の病院トップ10

医療 コロナ禍で際立つ世界の優れた医療機関はここ
【Periscope】
SOUTH KOREA 外国人コロナ検査が文外交のネックに
RUSSIA ナワリヌイの体調悪化で深まるロシア不信
UNITED STATES インテルが「脱アジア」を決めた理由
GO FIGURE コロナワクチン争奪戦、勝者はどこの国?
【Commentary】
イギリス コロナ危機は富裕層に好都合 ── コリン・ジョイス
南アジア バングラデシュの50年に学ぶこと ── カウシク・バス
米政治 バイデンが牙をむく相手 ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く 差別的人物はフィクションでもNG? ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 タンス預金100兆円の大問題 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 親権に口を出す教師を黙らせたい
その言葉への違和感 どう見ても「突然」ではなかった ── 望月優大
森達也の私的邦画論 「傍観者でいいのか」という問いが突き刺さる ── 森達也
【World Affairs】
ミャンマー デモ取締りの警察官に拘束されて
アフガニスタン 米軍に迫る損切りの時
【Features】
テクノロジー グリーン革命の機は熟した
【Life/Style】
Food いい男と美食を味わいコロナから逃避するイタリア旅
Movies 今年のオスカー候補はハズレなし!
Drama カメレオン俳優を支えるアフロ・ラティーノの血
Archives コロナ禍の記憶を未来に伝えたい
Books 私のキッチンからあなたのキッチンへ
My Turn ウクライナに生まれパラ競技を戦う私の旅
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power シリア内戦、10年目の絶望と救い
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 周来友 ──日本の「ハーフ観」はご都合主義

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中