Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.3.16号(3/ 9発売)

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

Cover Story

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

寄稿 大震災から10年、いま伝えたい3.11の記憶
Q&A 櫻井翔に聞く、キャスターとしての自分の役割
ルポ 「海と生きる」日本が震災から得た未来
提言 気鋭の哲学者が読み解く「災害時代」
フォトエッセー フクシマの10年、新たな出発
【Periscope】
UNITED STATES ナイキ副社長のクビが飛んだ転売問題
FRANCE 実刑のサルコジはトランプの未来か
CHINA 「中国で肛門PCR義務付け」の真偽は
GO FIGURE 世界の国々で自由が大幅に制限
【Commentary】
視点 バイデンの経済対策は「やり過ぎ」か──浜田宏一
ロシア 「変節」プーチンとの正しい領土交渉──河東哲夫
コロナ ワクチン接種をして分かったこと──グレン・カール
風刺画で読み解く「超大国」の現実 ネット文革時代の英雄侮辱罪──ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 インフレの条件は(ほぼ)整った ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える わが子がポルノを書いています
ニューヨークの音が聴こえる コロナの1年間をBGMに乗せて♪── 大江千里
【World Affairs】
クーデター フェイスブックvsミャンマー国軍
米外交 バイデンよ、中国を傍観せよ
【Features】
米社会 3Dプリンター製自動小銃という脅威
東アジア 韓国、中国の文化窃盗に怒る
【Life/Style】
Celebrity ネット発信で稼ぎたがる政治家に注意
Books 友達ロボットの満ち足りた献身
Science コロナのワクチンをお尻に打つのはNG?
Music ダフト・パンクと松本零士の忘れ難きコラボ
Documentary 犯罪実録物ブームに落とし穴あり
My Turn 官能写真の撮影は私にとって最高の癒やし
【Departments】
Perspectives
In Focus
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye トニー・ラズロ ── 小学生にプチ・インターンシップを!

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中