コラム

「最も高度な政治ゲーム」自民党総裁選のカギを握るあの人物

2021年09月18日(土)11時44分

「最も高度な政治ゲーム」の勝者は? Kimimasa Mayama/Pool--REUTERS

<なぜ野田聖子氏が推薦人20人を集めることができたのか? 野田氏に自派から8人の推薦人を出した二階氏の真意は? 河野氏は1回目の投票で過半数を取れるのか? 「最も高度な政治ゲーム」と呼ばれ、智略と嫉妬渦巻く自民党総裁選の展開を考える>

自民党総裁選が17日に告示され、河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏が立候補を届け出た。29日の投開票に向けて13日間の総裁選挙がスタートした。

石破茂元幹事長が出馬しなかったことは想定の範囲内だったという人が多いだろうが、それよりも注目を集めたのが野田幹事長代行(無派閥)だ。これまでに過去3回の総裁選で出馬の意欲を表明してきたが、無派閥ゆえに推薦人を20人集めるハードルが高く断念せざるを得なかった。今回は土壇場で立候補にこぎつけたが、その推薦人に二階派(志帥会)所属議員8名が名を連ねていることにちょっとした驚きが走っている。

自民党総裁選は、最初の投票で過半数を得た候補者がいなかった場合、上位2位の候補者による決選投票が行われる。選挙権を有する全国の党員・党友数は110万4336人。1回目の投票では国会議員票383票と同数になるようにドント方式で配分されるが、決選投票では都道府県連票47票に圧縮され、国会議員票の重みが格段に増す。

そのため、各種の世論調査で人気を誇る河野行革相(麻生派=志公会)が勝利するためには、全国の党員党友票の比重が高い1回目の投票で過半数を獲得して勝負を決めることが肝要と言われてきた。

これに対して岸田前政調会長(岸田派=宏池会)と高市前総務相(無派閥)は、1回目の河野候補による過半数獲得を阻止して決選投票に持ち込み、2位、3位連合による逆転勝利を目指す戦略が有効だ。

そこに割って入る形となった野田氏は、党内における選択的夫婦別姓導入の議論を主導し、同性婚や女系天皇を容認していることから「リベラル」なイメージが強い。したがって野田氏の立候補は、選択的夫婦別姓や同性婚を同じく認めてリベラルなイメージのある(ただし今回の共同記者会見では女系天皇について言及を回避した)河野氏の「票を食う」のではないかという見立てが一般的だ。そうだとした場合、野田氏の立候補によって河野氏の1回目過半数獲得が難しくなり、それは結局の所、岸田文雄氏を有利にするのではないか――。

岸田氏といえば、いち早く立候補を表明した8月26日の会見で「党役員任期を最長3年までにすることで権力の集中と惰性を防ぐ」と明言。二階幹事長交代論に踏み込んで菅首相=二階幹事長体制の瓦解を招くきっかけを作ったことは記憶に新しい。二階幹事長はこの発言に対して、名指しで岸田氏に不快感を表明している。

その二階幹事長が率いる二階派から8名の議員が野田聖子候補の推薦人に名を連ねたことに驚きが走っているのは、こうした背景があるからだ。

プロフィール

北島 純

社会構想⼤学院⼤学教授
東京⼤学法学部卒業、九州大学大学院法務学府修了。国会議員政策秘書、駐日デンマーク大使館上席戦略担当官を経て、現在東洋学園大学大学院現代経営研究科非常勤講師を兼務。専門は戦略的パートナーシップ、情報戦略、コンプライアンス(腐敗防止)。著作に『解説 外国公務員贈賄罪』(中央経済社)、論文に「グローバル広報とポリティカル・コンプライアンス」(「社会情報研究」第2巻1号)などがある。
Twitter: @kitajimajun

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=S&P下落、テスラなどグロース株に売

ワールド

世界食料事情、G7ロシア孤立化政策で悪化=ロシア外

ビジネス

NY外為市場=ドル、20年ぶり高値から下落 中国指

ビジネス

FRB、将来的にMBS売却検討の公算=NY連銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 2

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 3

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 4

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    「狂気」「脱臼しそう」...全米が笑ったケンダル・ジ…

  • 8

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 9

    NATO加盟で腹をくくったフィンランド、マリン首相は…

  • 10

    「体育座りは体に悪い」という記事でもっと気になっ…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカから見た『はじめてのおつかい』

  • 4

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 5

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13歳少女を、今度は警官が強姦

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 7

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中