コラム

ウィリアム王子「宇宙旅行より地球を守れ」はなぜ失言なのか

2021年10月15日(金)21時46分
ウィリアム王子

「地球に集中するべき」と言うウィリアム王子の言い分ももっともに聞こえる The Earthshot Prize/Instagram

[ロンドン発]米宇宙企業ブルーオリジン独自の宇宙船「ニューシェパード」で、日本でもお馴染みのSFドラマ「スター・トレック」のカーク船長を演じた俳優ウィリアム・シャトナー氏(90)ら4人が11分間の宇宙旅行を楽しんだ。同企業の創設者で米インターネット通販大手アマゾン・コム創業者ジェフ・ベゾス氏が「カーク船長」の帰還を出迎えた。

ブルーオリジンの宇宙旅行は7月、ベゾス氏らを乗せた飛行に続いて2回目。シャトナー氏はスター・トレックの熱狂的なファンのベゾス氏が無料で招待した。同じ7月には英実業家リチャード・ブランソン氏の米宇宙旅行会社ヴァージンギャラクティックの有人宇宙船「スペースシップ2」で同氏ら6人が1時間の試験飛行に成功している。

「カーク船長」本物の宇宙に行く


自らの宇宙船で宇宙旅行を楽しんだ億万長者はブランソン氏が一人目で、ベゾス氏が二人目だ。ヴァージンギャラクティックの「スペースシップ2」と異なり、ブルーオリジンの「ニューシェパード」は完全自動化され、操縦士は乗り込む必要がない。最大6人乗りのカプセルも繰り返し利用できる。

「ムーンショット」か「アースショット」か

激化する宇宙旅行競争について、環境問題に取り組むウィリアム英王子は英BBC放送で「自分の子供だけでなく、すべての子供たちのために、自分自身が味わったアウトドアライフ、自然や環境の素晴らしさが保たれることを望みます。もし私たちが子供たちの未来を奪っていることに無頓着だったら、それは公正ではないと思います」と発言した。

「いま宇宙開発競争が繰り広げられています。誰でも宇宙旅行に行けるようにする試みを目の当たりにしています。私たちは、次なる地球を見つけるのではなく、この地球を修復する偉大な頭脳と心を必要としています。将来の解決策を考えるために宇宙に行くのではなく、この地球に集中することが重要です」と具体名を避けながら地球保護の重要性を訴えた。

1960年代、ジョン・ケネディ米大統領が「10年以内に月に人類を送り込む」と宣言した「ムーンショット」計画にちなんで、ウィリアム王子は英動物学者デイビッド・アッテンボロー氏と地球を救う「アースショット賞」を創設した。ウィリアム王子の宇宙旅行競争への批判はそれに合わせたものだ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ECBは政府と距離を、物価安定以外の目標は慎重に=

ワールド

国内初のオミクロン感染はナミビア外交官、同乗全員を

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月は前年比+4.9%で過去最大

ビジネス

S&P、新生銀の格付け見通しを「安定的」に下方修正

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中