コラム

「泥縄式」よりひどい日本のコロナ対策 五輪と首相に全責任を押し付けるのが「科学」なのか

2021年08月27日(金)11時49分

日本の分科会(旧専門家会議)が「科学」の英知を結集した組織かというと甚だ心もとない。分科会が示してきた方針にフラストレーションを募らせてきた科学者も少なくない。イギリスではコロナ危機に対処するため、まさしく「国家総動員」でありとあらゆるデータを集め、複数の大学や研究機関が分析し、「科学」の英知を一つにまとめ「政治」に伝える。

「政治」が決定した政策が発表される時には必ず「科学」の詳細なデータと分析も示される。英首相の両脇には政府首席科学顧問とイングランド主席医務官が控え、緊急治安閣僚会議(COBRA)には世界トップクラスの科学者が結集する緊急時科学諮問グループ会合(SAGE)が政策決定のための科学的根拠を提供する。

「政治」の事情によって「科学」と異なる選択をすることもあるが、「政治」と二人三脚を組む「科学」が政策を表立って批判することは避けるのが原則だ。日本では「メディアは不勉強」と批判する科学者が多いが、イギリスの「科学」はメディアにも「政治」にも分かりやすく伝えることに徹底している。「科学」の専門性はどんどん高くなっているからだ。

「政治」と「科学」の距離感

「SAGE」に参加していない科学者が「独立したSAGE」を作り、「SAGE」や政府の政策を厳しく批判する。しかし何に重きを置くかによって政策は変わり、何を優先するかを決めるのは「科学」ではなく「政治」である。「科学」が「政治」に足を踏み入れると例えば「ソ連の核兵器はアメリカと違ってクリーン」といった冷戦期のような馬鹿げた科学が現れる。

イギリスでは情報機関の人間が政策を決定することもない。「情報」と「政治」が適度な距離を保たないと大量破壊兵器がないにもかかわらずイラク戦争に突入してしまうような過ちを繰り返す。「報道」と「論説」を一緒くたにすれば朝日新聞の慰安婦報道のような大誤報につながる。それと同じように「科学」も「政治」と適度な距離を保つ必要がある。

最終的に選挙で結果責任を問われるのは「科学」ではなく「政治」である。どうして「科学」が必要かと言えば、データを分析すれば、未来がある程度、予測できるからだ。イギリスの1日当たりの死者や入院患者は今のところSAGEが予測した数値をそれぞれ少しずつ下回っている。学校が始まると再び上昇するかもしれないが、この予測こそが科学である。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中