コラム

欧州でロシアの工作活動が冷戦期並みにエスカレート 

2021年08月13日(金)15時03分
在独英大使館

ベルリンにある在独英大使館はイギリス外交の重要拠点だ Fabrizio Bensch-REUTERS

<在独英大使館で働くイギリス人が逮捕された。ロシアに情報を売り渡していた容疑だ>

[ロンドン発]ロシアに情報を売り渡していたイギリス人スパイはハゲ頭でずんぐりむっくりした体型で、自宅本棚にはジョン・ル・カレの『高貴なる殺人』やデービッド・ アイクの陰謀論、ナチス・ドイツの武装親衛隊に関する書籍、ロシア軍グッズが置かれていた──。

ドイツとイギリスの警察当局は8月10日、昨年11月以降、現金を受け取ってロシア諜報機関に協力していたとしてベルリンのイギリス大使館で働くイギリス人のデービッド・スミス容疑者(57)を逮捕した。KGB(旧ソ連国家保安委員会)出身のウラジーミル・プーチン大統領のもとロシアのスパイ活動は冷戦期のピーク並みにエスカレートしている。

大使館の警備を担当していたスミス容疑者は高度な機密文書にはアクセスできず、ロシア側に流していたのはテロ対策に関する文書だったとされる。ロンドン警視庁の発表によると、ドイツとの合同捜査の結果、ドイツ当局にスミス容疑者は逮捕された。ロンドン警視庁も英政府の有する秘密を漏洩した公務秘密法違反容疑で捜査している。

英大衆紙サンは、スミス容疑者が極右の傾向を持っていることから、ロシアのスパイに脅されたのではないかとの見方を示している。

2006年に元ロシア連邦保安庁(FSB)幹部アレクサンダー・リトビネンコ氏(当時44歳)がロンドンのホテルで紅茶に放射性物質ポロニウム210を入れられ、毒殺された事件以来、イギリスとロシアの関係は最悪だ。

18年には英イングランド南西部ソールズベリーでロシアの元二重スパイと娘が兵器級の神経剤ノビチョクで暗殺されそうになる事件が発生。元二重スパイ宅に駆けつけた捜査員が意識不明の重体になり、ノビチョク入り香水瓶を拾った男性も重体、手首にふりかけたパートナーの3児の母親は死亡した。

海外で活動する露スパイ組織は少なくとも3つ

ドイツの防諜機関、独連邦憲法擁護庁(BfV)のトーマス・ハルデンワン長官は今年6月、独日曜紙ヴェルト・アム・ゾンタークに「ロシアのスパイ活動は冷戦時代と同じくらい活発になっている。クレムリンはほぼすべての政策分野でドイツに関心を持っている。活動を大幅に増やしたと認識している」と語っている。

現在、海外で活動するロシアのスパイ組織は少なくとも3つある。KGBの主要後継機関であるFSB、対外諜報庁(SVR)、連邦軍参謀本部情報総局(GRU)だ。活動の方法はより手荒に、手段はより残忍になっている。欧州におけるロシアの諜報活動は今年に入って一段と過熱している。ソールズベリーの元二重スパイ暗殺未遂の実行犯2人は GRU の特殊部隊29155部隊に所属しており、チェコの 爆薬庫爆発にも関与していた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:米通信事業者の5G対応、「看板倒れ」の現

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚されぬ屈辱 その理由とは──

  • 3

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスより約500年早くアメリカ大陸に到達していた

  • 4

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 8

    「自分たちらしく、時代に合ったものを」デュラン・…

  • 9

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中