コラム

英首相の「集団免疫」計画で数万人が犠牲になった──元側近が責任を追及

2021年05月27日(木)12時15分
ジョンソン英首相の元首席特別顧問ドミニク・カミングズ

英議会下院の委員会でジョンソン首相を批判したカミングズ(5月26日) Reuters TV/REUTERS

<新型コロナで15万人の死者を出した責任を問う英議会の喚問で、元側近の口から「ロックダウンより遺体の山のほうがましだ」などジョンソン首相のびっくり発言が次々と明らかに>

[ロンドン発]「ボリス・ジョンソン氏が首相の任に適さないため、数万人の命が不必要に奪われた」──新型コロナウイルス感染で15万2千人を超える欧州最大の死者を出した責任は誰にあるのかを問う英下院科学技術、保健ソーシャルケア合同委員会の喚問が26日行われた。ジョンソン首相と袂を分かった元首席特別顧問ドミニク・カミングズの口から爆弾発言が次々と飛び出した。

ワクチンの展開に成功し、死者は1日1人にまで減ったイギリスだが、感染力が英変異株より最大50%も強いインド変異株の流行で1日の新規感染者数は1週間で18%も増え、再び3千人を超えた。そうした中、カミングズ氏は喚問で「閣僚、官僚、私のような顧問は国民の付託に応えられず、災厄をもたらした。政府は失敗した」と犠牲者の遺族に陳謝した。

ジョンソン首相とともにイギリスの欧州連合(EU)離脱を主導し、かつて「影の首相」「怪僧ラスプーチン」と恐れられたカミングズ氏は首相に次ぐ実力者だった。しかし首相の婚約者キャリー・シモンズさんとそりが合わず、首相官邸人事を発端に情報漏えいの疑いを持たれ、昨年11月、官邸を追われた。政権の裏側を知る人物の証言だけに、注目が集まった。

想定外だったロックダウン

中国湖北省武漢市で新型コロナウイルスの感染爆発が起きた昨年1~2月、ジョンソン政権のキーパーソンは文字通り「スキーに出掛けていた」。首相はEU離脱と洪水で頭がいっぱいで、「2月最終週まで危機感はなかった。首相はコロナを単に怪談の類と受け止め、新しい豚インフルエンザ(2009年の新型インフルエンザ)で恐れるに足りないと説明した」。

インフルエンザを想定したイギリスのパンデミック計画は未知のウイルスには何の役にも立たなかった。中国のような権威主義的なロックダウン(都市封鎖)は個人主義が根付くイギリスにとって想定外の選択肢と当時は考えられていた。

イギリスが最初のロックダウンに追い込まれたのは昨年3月23日。カミングズ氏は「公式の計画とアドバイス全体が間違っていたのは明らかだ。3月最初の週にロックダウンすべきだった。私自身、緊急パニックボタンを押さなかったことを後悔している」。カミングズ氏は3月11日に、厳格な対策を取らないと医療崩壊が起きると警告を発したという。

その時、イギリス国内のコロナ死者は累計でもわずか7人だった。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

ワールド

焦点:見直し迫られるバイデン氏のコロナ戦略、デルタ

ビジネス

伊銀モンテ・パスキ、コア資本比率マイナスも=EU健

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録」は東京で破られる?

  • 4

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 7

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 10

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 10

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中