コラム

「集団免疫」を封印したイギリス 4カ月ぶりにパブの屋外営業再開で忍び寄る南ア株の影

2021年04月13日(火)12時52分
ソーホーの路上を埋め尽くすロンドンっ子たち

ロンドンの繁華街ソーホーの路上はレストランやパブの飲食客で占拠された(4月12日、筆者撮影)

[ロンドン発]ワクチン接種が進むイギリスで4月12日、レストランやパブの屋外営業が約4カ月ぶりに再開された。夜には気温が摂氏1度まで下がったものの、ロンドンの繁華街は若者たちでごった返した。美容院や衣料品店もオープンし、ショッピングバッグを下げた買い物客でにぎわった。

イングランドでは昨年11月5日から12月2日まで2度目のロックダウン(都市封鎖)が行われた。感染力が最大70%も強い英変異株が広がり始めたロンドンやイングランド南東部ケント州では12月19日から3度目の封鎖に入り、今年1月4日には英全土に拡大された。

50歳以上と基礎疾患を持つハイリスクグループ、医療従事者、介護施設職員全員がワクチンの1回目接種を終え、その数3219万人余に到達した。このうち765万6千人超が2回目の接種も済ませている。1日当たりの新規感染者数も3千人台まで下がり、3月29日に1段階目の封鎖緩和が行われた。

この日の緩和は正常化に向けた4段階ロードマップの2段階目だ。

イギリス人と言えば3度のメシよりパブが好き。ビールがなみなみと注がれたパイントグラスを傾け、おしゃべりするのが大好きだ。散髪にも行けず、自宅でロビンソン・クルーソーのような生活を強いられてきただけに、2メートルの安全距離を忘れて弾けてしまった。

20210412_165402.jpeg
人気のブランド店には若者たちが行列を作った(筆者撮影)

ソーホーでは車道は閉鎖され、レストランやパブが路上に仮設テントを設け、テーブルやイスを並べて接客した。偶然出会った知人の日本人駐在員は「若い日本人スタッフが感染して入院しました。すごく大変でしたが、無事回復しました。今日は早速、散髪に行ってきました」と笑顔を浮かべた。

「一番しんどかったのは昨年末」

学校はちょうどイースター休暇中で、どう見ても高校生にしか見えない若者も一番安いチップスをつまみながら、ビールやカクテルで乾杯していた。若い女性はおヘソや肩を出して飲む気合いの入れようだ。筆者も妻とレストランを2軒はしごしてしまった。

ロンドンで大阪風お好み焼き店「おかん」を3店展開するプリーストマン玄(もと)子さんは「昨年3月の1回目の封鎖は"こんなことが人生の中で起きるんや"という感じでした。一番しんどかったのは2回目の封鎖で終わりが見えなくなった昨年末です。開き直って2カ月かけ、店を改装しました」と振り返る。

20210410_175109.jpeg
お好み焼きの仕込みをするプリーストマン玄子さん(右、筆者撮影)

従業員に対する80%の休業補償がなかったら、店は閉めざるを得なかっただろうと話す。「イギリスのすごいところは細かいことは聞かないことです。英歳入関税庁に登録さえしておけば国籍にかかわらず、従業員に休業補償が出ました。政府の方針もコロッと変わりますが、臨機応変で迅速に対応している感じでした」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算で

ビジネス

ドル2週連続で上昇、来週のFOMCに注目=NY市場

ワールド

中国、ロス前米商務長官らに報復 「反外国制裁法」初

ワールド

G20気候・エネルギー相、石炭火力廃止など巡り合意

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 5

    五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

  • 6

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 7

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 8

    人類は2040年代をピークに破滅? 世界に衝撃を与え…

  • 9

    マクドナルド化する医療「それが、あなたに最適な治…

  • 10

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 7

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 8

    BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

  • 9

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 10

    五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中