コラム

「集団免疫」を封印したイギリス 4カ月ぶりにパブの屋外営業再開で忍び寄る南ア株の影

2021年04月13日(火)12時52分
ソーホーの路上を埋め尽くすロンドンっ子たち

ロンドンの繁華街ソーホーの路上はレストランやパブの飲食客で占拠された(4月12日、筆者撮影)

[ロンドン発]ワクチン接種が進むイギリスで4月12日、レストランやパブの屋外営業が約4カ月ぶりに再開された。夜には気温が摂氏1度まで下がったものの、ロンドンの繁華街は若者たちでごった返した。美容院や衣料品店もオープンし、ショッピングバッグを下げた買い物客でにぎわった。

イングランドでは昨年11月5日から12月2日まで2度目のロックダウン(都市封鎖)が行われた。感染力が最大70%も強い英変異株が広がり始めたロンドンやイングランド南東部ケント州では12月19日から3度目の封鎖に入り、今年1月4日には英全土に拡大された。

50歳以上と基礎疾患を持つハイリスクグループ、医療従事者、介護施設職員全員がワクチンの1回目接種を終え、その数3219万人余に到達した。このうち765万6千人超が2回目の接種も済ませている。1日当たりの新規感染者数も3千人台まで下がり、3月29日に1段階目の封鎖緩和が行われた。

この日の緩和は正常化に向けた4段階ロードマップの2段階目だ。

イギリス人と言えば3度のメシよりパブが好き。ビールがなみなみと注がれたパイントグラスを傾け、おしゃべりするのが大好きだ。散髪にも行けず、自宅でロビンソン・クルーソーのような生活を強いられてきただけに、2メートルの安全距離を忘れて弾けてしまった。

20210412_165402.jpeg
人気のブランド店には若者たちが行列を作った(筆者撮影)

ソーホーでは車道は閉鎖され、レストランやパブが路上に仮設テントを設け、テーブルやイスを並べて接客した。偶然出会った知人の日本人駐在員は「若い日本人スタッフが感染して入院しました。すごく大変でしたが、無事回復しました。今日は早速、散髪に行ってきました」と笑顔を浮かべた。

「一番しんどかったのは昨年末」

学校はちょうどイースター休暇中で、どう見ても高校生にしか見えない若者も一番安いチップスをつまみながら、ビールやカクテルで乾杯していた。若い女性はおヘソや肩を出して飲む気合いの入れようだ。筆者も妻とレストランを2軒はしごしてしまった。

ロンドンで大阪風お好み焼き店「おかん」を3店展開するプリーストマン玄(もと)子さんは「昨年3月の1回目の封鎖は"こんなことが人生の中で起きるんや"という感じでした。一番しんどかったのは2回目の封鎖で終わりが見えなくなった昨年末です。開き直って2カ月かけ、店を改装しました」と振り返る。

20210410_175109.jpeg
お好み焼きの仕込みをするプリーストマン玄子さん(右、筆者撮影)

従業員に対する80%の休業補償がなかったら、店は閉めざるを得なかっただろうと話す。「イギリスのすごいところは細かいことは聞かないことです。英歳入関税庁に登録さえしておけば国籍にかかわらず、従業員に休業補償が出ました。政府の方針もコロッと変わりますが、臨機応変で迅速に対応している感じでした」

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

EV化による雇用喪失問題、誠実な対話必要=独ダイム

ワールド

関西電力、美浜原発3号機を6月下旬に再稼働へ

ビジネス

トヨタ、電動車販売30年に800万台計画 うちEV

ビジネス

日経平均は大幅続落、海外勢売りの観測 2日間で13

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレーも開会式も要らない

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    中国大型ロケットの残骸、インド洋に落下か NASA「宇…

  • 6

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 7

    日立製造のイギリス鉄道車両で亀裂、各社が運行休止…

  • 8

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    ビル・ゲイツ離婚で長者番付はどうなる? 1295億ド…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中