コラム

感染症や生物兵器に備える英保健安全保障局が発足「週2度の国民全員検査」の奇想天外

2021年04月05日(月)18時20分

検体のしずくを落とすことで感染の有無を見つける抗原検査法イムノクロマトグラフィーを使った迅速検査はすでにイギリスでは最前線のNHSスタッフ、介護施設の入所者と職員、児童・生徒とその家族、エッセンシャルワーカーら数百万人の命を守るため実施され、効果を上げている。

英当局は130種類以上の迅速検査キットを試しており、採用したキットでも偽陰性が4割前後出たという。さらに偽陽性も1千人に1人未満の割合で出るため、陽性者についてはさらにPCR検査を実施して、陽性検体の5~10%のゲノム解析を行い、新たな変異株の出現と流行を追跡する方針だ。

イギリスでは1日100万人を検査し、週に3万2千のコロナゲノムの解析を行っている。「ワクチンの接種が進むに伴って症例、死亡、入院数のチャートは下がり続けているからこそ、検査と追跡の重要性が増している」とハリーズ氏は寄稿の中で解説している。

段階的に解除されるロックダウン

イギリスでは4月12日から、美容院、ネイルサロン、図書館、動物園、テーマパークが再開され、レストランやパブ、バーの屋外営業が認められる。結婚式への出席者も6人から15人に拡大される。

20210404_140048.jpeg
段階的にロックダウンが解除され、ピクニックを楽しむロンドン市民(4月4日、筆者撮影)

ボリス・ジョンソン首相は「わが国民はウイルスの蔓延を食い止めるために多大な努力を払ってきた。ワクチン接種は引き続き順調に進んでおり、制限を慎重に緩和するロードマップが進行中だ。これらの努力が無駄にならないようにするためにも定期的な迅速検査がさらに重要になる」と述べた。

英製薬大手アストラゼネカと共同でコロナワクチンを開発した英オックスフォード大学ジェンナー研究所のセーラ・ギルバート教授も、ワクチンを設計したテリーザ・ラム准教授、ワクチンを実際に作った臨床バイオ製造施設の責任者キャサリン・グリーン准教授、ワクチンによるT細胞反応を調べたケイティ・エワー教授も女性。

ゲノム解析で変異株をあぶり出すCOVID-19ゲノム・コンソーシアム(COG-UK)のシャロン・ピーコック議長(微生物学)も女性。そして英保健安全保障局のトップ、ハリーズ氏も女性である。

女性の方が男性より協力的で協調性があると言われるが、腕力では生物学的に男性に劣る女性の武器は「言葉」である。だから言葉で組織をまとめるスキルは女性の方が男性より幼い頃から磨かれているとは言えるかもしれない。

その対極をなすのが甚大な被害を出したジョンソン首相、ドナルド・トランプ前米大統領、ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領だろう。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算で

ビジネス

ドル2週連続で上昇、来週のFOMCに注目=NY市場

ワールド

中国、ロス前米商務長官らに報復 「反外国制裁法」初

ワールド

G20気候・エネルギー相、石炭火力廃止など巡り合意

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な相違点がある)

  • 4

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 5

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 6

    世界で最も静かな場所...深遠なる静寂が広がる「音の…

  • 7

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 8

    東京五輪はアスリート生命を脅かすスーパースプレッ…

  • 9

    日本の皆さん、習近平は「シー・チンピン」でなく「…

  • 10

    最先端!がんセンター東病院トップが明かす「若者」…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 7

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 8

    BTSのジミンに憧れ整形手術18回、英国人は念願の韓国…

  • 9

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 10

    五輪で再燃する? 国旗に敬意を払わないアスリートを…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 6

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中