コラム

アメリカ「高圧経済」の前提が崩れ、日本に「最悪の組み合わせ」が迫る

2021年06月29日(火)20時16分
FRBのパウエル議長

KEVIN LAMARQUEーREUTERS

<コロナで失業した労働者が、景気回復期になっても戻ってこない? アメリカ金利引き上げの危険度とは>

アメリカの中央銀行に当たるFRB(連邦準備理事会)は、6月16日のFOMC(連邦公開市場委員会)において、2023年にゼロ金利政策を解除する方針を示した。

これまでFRBは解除について24年以降としてきたが、今回の決定によって1年前倒しになる。金融政策が正式に変更されたわけではないが、量的緩和策の縮小に向けて大きく動きだしたとみてよいだろう。

FRBのパウエル議長は3月の講演で「長期金利の上昇を注視している」と述べたものの、「景気支援策の縮小には程遠い」として緩和策の維持を強調していた。だが、足元ではインフレ懸念が急速に台頭しており、発言からわずか3カ月でスタンスの変更を余儀なくされた格好だ。

米労働省が発表した5月の消費者物価指数は前年同月比で5.0%もの上昇となっており、3カ月連続で2%を上回った。ワクチン接種が順調に進むアメリカでは、企業がコロナ後の景気回復を見据えて先行投資に邁進しており、5月の数字は過熱した投資がもたらす一時的なものとの解釈がもっぱらである。

仕事の価値観が変わった可能性

だがバイデン政権は総額5.7兆ドルに達する巨額の財政出動を計画しており、アメリカの景気は今後、堅調に推移する可能性が高い。どこかで腰折れするリスクはあるものの、基本的に金利と物価は上昇トレンドにあると考えてよいだろう。

現在のFRBは雇用を重視しており、景気過熱リスクを背負ってでも雇用の底上げを目指す、いわゆる「高圧経済」路線を採用している。リーマン・ショックからの回復局面においては高圧経済にも合理性があったが、今後も同じであるとは限らない。

このところ景気の急回復に伴ってアメリカの求人数はうなぎ上りだが、新規採用者数は横ばいにとどまっている。

大量に解雇された労働者がいるにもかかわらず、再就職する人が少ないのは、コロナ危機をきっかけに多くの労働者が仕事に対する価値観を変えた可能性を示唆している(給付金の効果が完全に切れた段階で、この仮説はより明らかになるだろう)。

今後、景気が順調に回復しても、条件の悪い仕事には人が集まらず、労働市場の指標が思ったほど改善しない可能性もある。これが事実なら構造的な変化が発生していることになり、この状況に対して労働指標が改善するまで高圧経済を続ければ、弊害のほうが大きくなってしまう。

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

新生銀が防衛策、SBIは即座にけん制 激化する買収

ビジネス

中国シノファームのコロナワクチン、追加接種で抗体レ

ビジネス

独インフィニオン、オーストリアの新半導体工場が生産

ビジネス

ECB、2023年の利上げ見込まず=スペイン中銀総

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を防ぐとの研究結果

  • 3

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    85年前に絶滅したフクロオオカミの映像がカラー化さ…

  • 6

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 7

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 8

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    フルタイムでもワーキングプア......非正規公務員の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で報告相次ぐ

  • 4

    中国系スーパーヒーローが活躍するマーベル新作映画…

  • 5

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 6

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 7

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 8

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 9

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 10

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    <閲覧注意>命懸けで離陸する米軍機に取り付き、落…

  • 5

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 6

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 7

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 8

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 9

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 10

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中