コラム

複合危機の時代を迎えた世界に船出する岸田政権の命運

2021年10月06日(水)11時20分

新総裁になった岸田(右)も菅も「安倍代貸し内閣」 CARL COURTーPOOLーREUTERS

<先進国はどこも内政が手詰まり常態。民主主義は「政策論争」では回らなくなっている>

岸田新内閣が10月4日、スタートした。今回の総裁交代劇は、政策によるものではない。新型コロナ禍でも選挙に勝てる「党の顔」の看板張り替え......のはずだった。

だが9月下旬、コロナ禍が下火になると自民党議員の危機感も静まる。「これなら劇薬の河野太郎氏を選挙の顔にしなくても大丈夫。それならば、派閥のボスの意向に沿って動いたほうがなにかと安全」というわけで、派閥は安泰。安倍・麻生・甘利の「3A」の隠然たる力は続く。岸田内閣は菅前政権に続いて、いわば「安倍代貸し内閣」2・0なのだ。

当面の焦点は、10月末に実施が予定されている衆議院選挙。今の情勢は、岸田自民党に有利だ。何よりも、菅前首相がコロナ禍で噴出した国民の不満を一身に吸い取った上で身を引いてくれた。首相交代で不満をガス抜きして、体制は安泰──これこそ民主主義の妙だ。

世論の関心はコロナ前の生活に一刻も早く戻ること、そしてコロナで中断した好況感の復活にある。岸田政権は財政・金融緩和一本やりのアベノミクス1・0とは手を切って、立憲民主党も打ち出している分配重視による経済刺激政策を採用することで、その期待に応えようとしている。

総裁選で負けた「小石河連合」は一匹狼の集まりだった。敗残の身を党内の冷たい風にさらすより、1976年の河野父・洋平氏の新自由クラブ、1993年の小沢一郎氏らによる新生党のように、新党を立ち上げて総選挙の台風の目になってもよさそうなものだが、世論は今そういうごたごたを支持する雰囲気ではなく、彼らに資金もない。

だから自民党は総選挙で好成績を収めることだろう。となれば、次の天王山は来夏の参院選ということになる。

自公の連立与党は今の139議席から17議席を失うと過半数割れとなり、悪夢の「ねじれ国会」がよみがえる。何も決まらず、政権ばかりころころ代わった2000年代後半が戻ってくる。

「だから日本はダメなのだ」と言うなかれ。今の時代、先進国はどこも内政が手詰まり状態にある。

民主・共和両党がデスマッチを続けるアメリカは言うに及ばず、ドイツも先の総選挙後の連立交渉でこれから数カ月は外の世界からおさらばだ。クアッドとかAUKUS(オーカス)とか聞き慣れない同盟もどきが林立し、その中で米英豪とフランスは潜水艦商談の取り合いで外交関係断絶の一歩手前。

北朝鮮は取り込み中の日本に付け込むかのように日本海に向けてミサイルを発射するし、韓国の裁判所は元「徴用工」関連訴訟で韓国内の日本企業の資産売却を許可する判決を出した。経済では、中国の中国恒大集団の30兆円超規模のデフォルト騒ぎや相次ぐ停電、極め付きは米国債のデフォルト騒ぎ。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ESG関連ファンド、30年度までに2─3兆円に=り

ワールド

次のパンデミック、致死性コロナ以上の恐れ=オックス

ビジネス

22年の中国経済、妥当な範囲内に維持=共産党中央政

ワールド

日本の警察に人種プロファイリングの疑い、米大使館が

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中