コラム

米軍撤退のアフガニスタンで次に起きること

2021年08月04日(水)12時00分

ユーラシアを中ロが牛耳る──。それでいいではないか。そのうち両国は、角を突き合わせてけんかを始めるだろう。タジキスタンがタリバンを恐れ、自国に常駐するロシア軍1個師団だけでは心もとないと思えば中国軍を呼び込むかもしれない。そのとき、ロシアは黙っているまい。

アメリカは、オバマ政権以降は国外への軍事介入は避けたが、途上国での民主化を支援する動きは続けた。しかしバイデンはアフガニスタン、イラクからの撤退だけでなく、世界での過分の関与も清算する構えでいる。これまでアメリカが関与しても民主化は進まず、支援する現地政府は腐敗と内紛の限りを尽くし、反政府勢力は反米を旗印に諸方から資金を引き出す。中国とロシアはアメリカを批判するだけで労せずしてポイントを稼げる。要するに、誰もがアメリカを利用してきたのだ。

バイデンは、この愚かな構図から足を洗おうとしている。7月11日の総選挙で親EU勢力が大勝した旧ソ連のモルドバでは、アメリカ大使が「ロシアとの関係も正常に維持するよう」政権に釘を刺した。ウクライナではバイデンにすり寄るゼレンスキー大統領を押しとどめて、まず同国の腐敗一掃と改革を進めさせ、その上でクリミアと東ウクライナの問題を、現状凍結の方向でロシアと決着をはかる構えだ。

ではバイデンのアメリカは、ヨーロッパと日本からも「足を洗う」のか? そうはなるまい。欧州・日本・大洋州諸国はアメリカの負担になるどころか、世界におけるアメリカの力を補強してくれる存在だからだ。

そして、戦闘部隊撤退でアメリカがアフガニスタンから完全に消えるわけでもあるまい。現地軍の訓練要員、それに諜報要員は残る。仮にタリバンがカブールを制圧しても、米軍人、大使館、そしてアメリカとの外交関係は残るかもしれない。もともとアメリカとタリバンは、ドーハなどで話し合いを重ねているのだから。

プロフィール

河東哲夫

(かわとう・あきお)外交アナリスト。
外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発スタート、米株上昇を好感 主力株・ハ

ワールド

医療従事者のワクチン義務化、一時差し止め 米地裁が

ワールド

フランス政府、混乱続くグアドループに警察・治安部隊

ワールド

中国、イランなどへの制裁解除訴え 核合意協議巡り

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中