コラム

外交官の万華鏡 河東哲夫
外交官の万華鏡 河東哲夫

プーチンはソ連再興の野望に邁進している、のか

<ウクライナ情勢をめぐる欧米とロシアによる「往復ビンタ」の応酬が意味するもの> 新年早々から、ウクライナをめぐるロシア軍とアメリカ・NATO

2022.01.22 
外交官の万華鏡 河東哲夫

100年前の歴史に学ぶ日本の未来

<政党・官僚・軍人が仕切る激動の時代へ移ってから1世紀を経て新たな漂流を始める兆しがある> 明るい年頭に何かいいことを書かなければと思っても

2022.01.12
外交官の万華鏡 河東哲夫

崩壊30年でソ連に回帰するロシア

<「お上」への依存意識が染み就いた国民は負担を押し付ける「改革」には反対する。だからロシアが「西側の一員」になることはない> ソ連が崩壊して

2021.12.14
外交官の万華鏡 河東哲夫

日本経済は本当に縮小しているのか

<物価安を理由に生活水準の低下を嘆く声もあるが、視点を変えれば日本の経済規模は6割増> この頃よく知人から、「日本は貧しくなりました」という

2021.12.08
外交官の万華鏡 河東哲夫

毛沢東の外交は味方よりも多くの敵を生み出す「唯我独尊」だった

<毛思想をたたきこまれた習近平はその機微が分からずにアヘン戦争で失った権威の復活に突き進む【特集:文化大革命2.0より】> 筆者のような戦後

2021.11.30
外交官の万華鏡 河東哲夫

「親米か反米か」をめぐるイデオロギー対立は終焉を迎えた

<日本で戦後70年続いた保革対立に代わる、新たな対立基軸を構築せよ> 10月末の総選挙について、このコラムで自民党が勝つだろうと書いたものの

2021.11.17
外交官の万華鏡 河東哲夫

叫ばれ始めた「中国台頭の終焉」。ポスト中国の世界を(一足先に)読むと......

<頭打ち状態の中国が後退すると内部分裂は起きる?日米同盟はどう変わる?台湾への影響は?> 大手民間IT企業に対する締め付け、30兆円超規模の

2021.10.27
外交官の万華鏡 河東哲夫

複合危機の時代を迎えた世界に船出する岸田政権の命運

<先進国はどこも内政が手詰まり常態。民主主義は「政策論争」では回らなくなっている> 岸田新内閣が10月4日、スタートした。今回の総裁交代劇は

2021.10.06
外交官の万華鏡 河東哲夫

秩序なき世界で日本の新首相が示すべき旗色

<パックス・アメリカーナが崩れた世界で日本人がどうやって品位と高い生活水準を維持していくかが問われている> 自民党総裁選が大詰めを迎えている

2021.09.25
外交官の万華鏡 河東哲夫

新たな東西対立が始まる世界で日本に求められるもの

<「アフガン後」の国際情勢で中ロは準同盟関係を結びアメリカに対抗。日本外交が目指すべき方向性とは> 米軍のアフガニスタン撤退から1週間。中国

2021.09.08

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? 英王室ファンが熱い論争

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    「ひざの痛み」という悩みがいつまでも解消されない…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 10

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 6

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 7

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 10

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中