コラム

外交官の万華鏡 河東哲夫
外交官の万華鏡 河東哲夫

新たな東西対立が始まる世界で日本に求められるもの

<「アフガン後」の国際情勢で中ロは準同盟関係を結びアメリカに対抗。日本外交が目指すべき方向性とは> 米軍のアフガニスタン撤退から1週間。中国

2021.09.08
外交官の万華鏡 河東哲夫

日本のお粗末なコロナ対策の犯人は誰なのか

<政府が悪いと言いたくなるがそれは思考停止。どこがどう悪いのかを知り改善できることを検討せよ> 新型コロナ禍での東京パラリンピックが始まった

2021.08.28
外交官の万華鏡 河東哲夫

米軍撤退のアフガニスタンで次に起きること

<ライバルが去ってユーラシアは中国とロシアの天下とかき立てるロシアメディアだがアメリカに代わり地域諸国の餌食になる可能性も> バイデン米大統

2021.08.04
外交官の万華鏡 河東哲夫

「世界中でアメリカ大使が不在」で考える大使の存在意義

<日本でも中国でもドイツでも米大使の空席が続いているが「アンバサダー」の不在は何をもたらすのか> アメリカは、大統領が代われば高位高官は全員

2021.07.22
外交官の万華鏡 河東哲夫

プーチン政権のアキレス腱は反体制派ではない

<自由と民主主義よりも経済的恩恵を求める国民に迫る危機> ロシアはどういう国か?  まず大きい。端から端の時差は実に10時間(人口は日本に近

2021.07.07
外交官の万華鏡 河東哲夫

日韓関係は歴史と感情の自縄自縛

<隣国が故に怨念が蓄積し今後も完全協調は困難だが、過去に取りつかれた世代はやがて去り行く> 「韓国人は四六時中、『日本憎し』で燃えている。だ

2021.06.25
外交官の万華鏡 河東哲夫

デジタル人民元は中国停滞の始まり

<カネの流れを強権的に管理することで完成する中国絶対主義体制。それがゆえに凋落へ向かうことは時代が証明している> この前、ラジオを聴いていて

2021.06.08
外交官の万華鏡 河東哲夫

東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

<移動や宿泊などのロジスティクスを考えれば現状下の五輪開催は無理。それでも多くの関係者が救われる方策はある> 筆者自身は新型コロナウイルスワ

2021.05.26
外交官の万華鏡 河東哲夫

なぜ日本のワクチン接種は遅々として進まないのか

<感染爆発のインドにも及ばない接種スピードは「人間を幸福にしない日本というシステム」に原因がある> この前、新聞を広げて驚いた。「ブータン、

2021.05.15
外交官の万華鏡 河東哲夫

日本が求められている「人権外交」は本当に効果的なのか

<現地政府に圧力をかけても逆効果になりやすい。G7や国連などの場で態度を表明するのが限度> 香港、ウイグル、タイ、ミャンマー(ビルマ)...

2021.04.24

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 2

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 3

    眼がついた人工脳が作製される

  • 4

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    ヒトの血や尿と火星のレゴリスからコンクリートのよ…

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    自ら望んだ「在宅ひとり死」をやり遂げた男の最期 看…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 9

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中