コラム

国家別サイバーパワーランキングの正しい見方

2021年07月15日(木)17時15分

ichida20210715c.jpg

結論から先に言うと、既存の3つのサイバーパワー評価は参考にはなるが、いずれも国際的な競争力を知るために充分なものにはなっていない。目的や用途によって使い分け、場合によっては組み合わせる必要があるだろう。そもそもそれが主たる目的とは限らないのだが、ランキングが含まれているとそこに注目が集まってしまう。また、Global Cybersecurity IndexとNational Cyber Power Indexはデータの扱いに問題があり、利用できる範囲は限定される(詳細は後述)。

対象範囲が網羅的でその方法論が参考になるのはNational Cyber Power Index、各国別の概要を知るための便覧として使いやすいのはCyber Capabilities and National Power、もっとも多くの国を網羅した参考資料はGlobal Cybersecurity Indexとなる。その他の部分、特にランキングはあくまで参考程度、話のネタ程度にとらえるべきで、ランキング中心に焦点を当てて引用するのは控えた方がよいだろう。なお、Cyber Capabilities and National Powerについては、ジャーナリストの黒井文太郎が、「英国研究機関の調査報告が示す「情弱ニッポン」の巨大な課題」と題したコンパクトでわかりやすい記事を公開している。

サイバーパワーランキングの課題

3つのサイバーパワーレポートに共通して言えるのは、いずれもサイバーパワーを包括的にとらえており、サイバー攻撃や防御能力だけでなく、サイバーに関わる経済や法律や組織も含めて評価している点だ。Global Cybersecurity Indexはセキュリティに関するレポートであるが、その範囲は法律や組織や国際連携にまでおよんでいる

今回取りあげた3つのレポートの中では、National Cyber Power Indexがもっとも広い範囲を網羅している。国内監視、サイバー防衛、情報操作、インテリジェンス、商業および産業成長、サイバー攻撃、国際規範および標準化の7分野を対象にしており、デジタル経済や国際基準まで含んで評価している。サイバーパワーの活用、防衛、攻撃について、もっとも包括的に扱っていると言える。

サイバーパワーの実態を把握するには課題が多い。まず、サイバーに関わる軍事関係者などの数はほとんど公開されていないし、サイバー兵器の定義や配備、利用状況も明らかではない。国よっては意図的に能力や成果を隠そうとしている。National Cyber Power Indexでは、イスラエルが意図的にサイバーパワーを隠している可能性があると指摘していた。そのせいかイスラエルは、National Cyber Power IndexとGlobal Cybersecurity Indexのトップ10には入っていない。北朝鮮に関する情報も不足していたため、National Cyber Power Indexでは限定的な扱いだった。

こうした公開情報からではわからない部分を埋めるために、National Cyber Power Indexはありとあらゆる各種統計および公開情報を定量化し、Global Cybersecurity IndexはITU加盟国に調査票を記入させ専門家が評価や重み付けし、Cyber Capabilities and National Powerでは公開資料から読み取っている。当然だが、そのもののデータがない以上、あくまで推測となり、偏りも生まれる可能性もある。

さらにサイバーパワーにおいては、非国家組織(以前、ご紹介したプロキシやサイバー空間の傭兵部隊など)の影響も無視できないが、これらはさらに実態が把握しにくく、レポートに盛り込むのは困難なのだ。

そもそもデータの扱いに疑問が残る

定量的な評価を行っているGlobal Cybersecurity IndexとNational Cyber Power Indexのデータの扱いにいささか疑問を感じる。まず、どちらのスコアも標準化されていないので、他の国との比較=国際競争力を見るには不適切な場合がある。

学校のテストの結果で偏差値を使っていたのを覚えているだろうか? たとえば数学では全員が50点未満で、国語ではほとんど全員が80点以上だったとする。相対的な学力=競争力を考える時、数学の50点と国語の70点をそのままの数字で比べることはできない。数字だけ見れば国語の70点の方が高い。しかし数学では50点以上取った者がいないのだから最高点である。それに対して国語ではほとんど全員が80点以上だったにもかかわらず70点ということは競争力がかなり低い。単純な数字で比較できない場合、比較できるような調整を行うことになる。その調整のひとつが標準化であり、標準化した数値のひとつが偏差値だ。

Global Cybersecurity IndexとNational Cyber Power Indexのサイバーパワーのスコアは言ってみればテストの結果そのままの数字であり、標準化されていない。より正確に言うと、National Cyber Power Indexは事前の処理でさまざまな情報をそれぞれ異なる方法で定量化したため、それをさらに標準化するのに無理があったのではないかと推察する。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

仏消費者信頼感指数、10月は99に低下 物価上昇を

ビジネス

オープン外債に慎重、円金利資産減少 超長期債は購入

ビジネス

ユーロ圏企業向け融資、9月は伸び加速 なおコロナ前

ワールド

香港議会、映画の検閲強化する条例可決 「国家の安全

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 6

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 7

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 8

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 9

    「眞子さまは海外脱出を選ぶしかなかった」 反論でき…

  • 10

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 9

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中