コラム

日本でワクチンにまつわるツイートはどう広がったのか 215アカウントが影響を与えていた

2021年03月17日(水)17時30分

コロナに対処している組織や報道機関の発信する情報よりも、一般人と医療クラスタが流す情報の方が圧倒的に多くリツイートされ、拡散していた

<3月初旬1週間に「ワクチン」という言葉を含むツイート80万件を集計・分析した。そこから見える日本のツイッター世界の傾向とは...... >

2月28日から3月6日までの1週間にわたって「ワクチン」という言葉を含むツイート841,180件について集計、整理した結果をご紹介したい。

これまで5大政党福島県沖地震での外国人関連に関するツイート統計をご紹介してきた。5大政党に関するツイートでは79.28%、福島沖地震外国人関連では93.58%と、いずれもリツイートが大きな割合を占めていた。今回のワクチンのリツイート率は76.69%と他の2つよりは低いものの高い水準である。

全体の0.12%のツイートが全体の50%まで拡散されていた

特筆すべきはたった1,032件(全体の0.12%)のツイートが全体の50%まで拡散されていることと、わずか215アカウント(全体の0.08%)が発信源だったことだ。215アカウントのおよそ70%は一般人(インフルエンサー、ブロガーなど)と医療クラスタ(医療関係者あるいは研究者などであると名乗っているアカウント)と呼ばれる人々のものである。報道機関のアカウントも上位にランクインしているが、その割合は10.77%にすぎない。行政アカウントと政治家アカウントはいずれも4%台だ。

ツイートのピークは朝の8時から10時、昼の12時から14時、夜の22時から23時の3つの時間帯で、投稿から1,2時間の間にもっとも拡散され、その後急速にリツイートは減少する。ツイートの内容や信頼性よりも自分のタイムラインに流れてくるもの(フォローしているアカウントからの)をリツイートしていることがうかがえる。

また、自分のとって心地よい情報しか流れてこない状態=エコーチェンバー現象に陥っている可能性が高く、陰謀論やデマが広がった場合、払拭することが難しい。その一方で拡散のメカニズムはシンプルで影響力のあるアカウントの特定も容易なため、実態を踏まえて効果的なコミュニケーションの仕組みを作ることも可能と考えられる。同じ理由でネット世論操作も容易に行うことができる懸念もある。なお、集計、整理のためのコードや技術的な内容やデータを拙ブログに掲載した。

3つのピークの時間帯と全体を左右する215アカウント

2021年2月28日から3月6日までの1週間にわたって、「ワクチン」という言葉を含む全ツイートを収集し、集計、整理した。その結果から下記がわかった。なお、リツイート数は1週間の調査期間の間にリツイートされた件数を指している。

「ワクチン」を含むツイートの総数は841,180件で、そのうちリツイート(RT)は645,102件(全体の76.69%)、ツイートしたアカウントは278,916個となっていた。1,032件のツイート(0.12%)のRTが全体の50%を占めており、この1,032件のツイートは215アカウントが発信したものだった。つまり、215アカウントのツイートが全ツイートの半分までに拡散したことになる。

ichida20210317b.jpg

ichida20210317c.jpg

全体の50%に拡散した1,032件のツイートの内容を大きく「情報提供」(信頼できる情報源からの情報、ニュースなど)、「呼びかけ」(問題ある発言をさとす、正しい行動を呼びかけるなど、提案するなどで基本ポジティブ)、「批判」(政府、メディア、特定団体などへの批判で基本ネガティブ)、「不確か」(根拠のない憶測、デマ、ミスリードなど不確かな情報、言説、陰謀論)、「その他」に分類して、リツイート件数を比較した。もっとも多かったのは「情報提供」(39.51%)であり、次いで批判(34.22%)、呼びかけ(14.05%)となっていた。根拠のない噂やデマなどが広く流布するような状況にはなっていなかった。

ichida20210317d.jpg

全体の50%に拡散したツイートの発信源である215アカウントのプロフィールを、一般人、医療クラスタ、医療関係(医療関係組織のアカウント)、行政(行政組織のアカウント)、政治家(政治家およびその事務所のアカウント)、報道機関(報道機関およびその配信を行っているサイト)、文化人(ジャーナリスト、ライター、漫画家、小説家、医療クラスタに含まれない大学教授や専門家など)分類し、そのリツイートされた数を集計した。多い順に一般人(43.93%)、医療クラスタ(23.37%)、文化人(12.62%)、報道機関(10.77%)となった。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

ニュース速報

ビジネス

英製造業PMI、7月改定値は60.4 人手不足や供

ビジネス

ユーロ圏製造業PMI、7月は過去最高から小幅低下 

ビジネス

EXCLUSIVE-物価圧力は22年終盤生じる、利

ワールド

帰国拒否のベラルーシ選手がポーランド大使館に、亡命

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中