コラム

福島県沖地震後にもっとも拡散した外国人関連ツイートは、ヘイトではなく安全情報だった

2021年03月02日(火)18時00分

翌朝から再び増加し、地震直後以上のツイート数になったが、その多くは差別やヘイトに対する批判だった。(一田和樹作成)

<2月13日23時の福島県沖で最大震度6強の地震で、毎日新聞は、デマや差別発言が「桁違いの拡散」をしたと報じたが、ほんとうにそうだったのだろうか。ツイッターのデータを取得する方法で調べてみた......>

2021年2月13日23時09分に福島県沖で最大震度6強の地震が発生した後の、地震と外国人(韓国人、中国人)に関するツイートの統計を取ってみた。毎日新聞は、デマや差別発言が「桁違いの拡散」をしたと報じたが、ほんとうにそうだったのだろうか?

もっとも多かったのは、ヘイトではなく外国人のための安全情報だった

以前、ご紹介したツイッターのデータを取得する方法を用いて、検索条件に該当するツイートを取得し、集計した結果、下記のことがわかった。地震後と書いている場合は、特に断りのない限り、2021年2月13日23時09分から2月14日12時09分の間にツイートされたものを対象にしている。データ取得と集計の詳細はブログを参照いただきたい。

・地震後、地震と外国人にまつわるツイートは49,300件確認され、リツイート率は93.58%(46,136件)と高く、たったひとつのツイートがツイート全体の63.06%に拡散されていた。RT占有率は99.99%以上と非常に高い。RT占有率とは全体の50%を占めるリツイートの元のツイートの%を50%から引いて2倍した数であり、高いほど少数のリツイートでツイートを占有されていることになる。

・全体の63.06%に拡散されたツイートは、大規模な地震の発災時・避難時の注意点等に関するもので外国語版の存在を紹介するものだった。リツイートの上位81.5%(リツイート回数37,601回)は4つのツイートで占められており、上位3つの内容は外国人向けの安全情報の提供に関するものだった(差別やヘイトを含まない)。具体的には外国語で読める災害の際に役立つ冊子(PDF)やNHKの外国語での情報提供に関するものだ。4位は震災の際の差別やヘイトをやめよう、見かけたら通報しようという呼びかけだった。

・「千葉で爆発」に関するツイート(「千葉 AND 爆発」で検索して取得した)は14,000件あり、たったひとつのツイートが8,415回拡散され、ツイート全体の50%を超えていた。RT占有率は99%を超える。内容は、千葉市原方面が爆発しているという言葉と画像を含むもので、デマを意図した煽り文句はなく、単に驚いてツイートしたような内容だった。

・地震と外国人と「千葉 AND 爆発」にまつわるツイートは、地震直後に大きく拡散し、収束した。

・地震直後にヘイト、差別的な内容を含むツイートが現れたが、通報され、アカウント凍結あるいはツイート削除された。ほとんどはあまり拡散力のない(フォロワーの数が少ない)ものだったと推定されるが、例外的に1万4千を超えるフォロワーを持つアカウントがあった。すぐに凍結されたため、その後の拡散にはいたらなかった。凍結されたことが話題になり、アカウント名がトレンド入りしたことを考えると、そのまま凍結されなければより拡散していた可能性がある。

・熊本地震の先行研究(後述)と比較すると、今回は外国人のための安全情報提供の広がりなど、状況は改善されたように考えられる。

・「井戸に毒をまいた」という類いのツイート(「井戸 AND 毒」で検索)関する発言はいったん鎮静化した後、翌朝から再び増加し、地震直後以上のツイート数になった。その多くは差別やヘイトに対する批判だった。

毎日新聞は「地震でまたも飛び交ったデマや差別発言 桁違いの拡散、どう対処?」と報道したが、今回は差別ツイートの桁違いの拡散はなかったと考えられる。

鳥海不二夫の「2021年福島県沖地震でデマは桁違いに拡散したのか」(ヤフーニュース、2021年2月17日)でも、差別やヘイトツイートは多くなかったことと、人工地震についてはそれなりにツイートがあったものの「桁違い」ではないことが確認されている。

地震直後から翌日昼までのツイート拡散状況

地震と外国人(中国人、韓国人)、「千葉 AND 爆発」の時系列変化をグラフにしたものは下図のようになる。増減が激しいので対数目盛にしてある。千葉爆発グラフについては、拡散と減少が急激に起きたことがわかるように通常の目盛りのものも付した。

地震と外国人(中国人、韓国人)グラフの「問題」は差別やヘイトなどの問題を含んだツイートである。「それ以外」は文字通りそれ以外であるが、ほとんどは外国人向けの情報提供だった。千葉爆発グラフの拡散というのは、爆発が起きていることを拡散しているツイートの数で、抑止はそうではないことを指摘しているツイートの数である。

ichida0302a.jpg

ichida0302b.jpg

ichida0302c.jpg

ichida0302d.jpg


井戸と毒に関するツイートは、その数において地震と外国人(中国人、韓国人)や「千葉 AND 爆発」よりもかなり少ない。そして、しばらく時間が経ってから発言数が増加している。ただし、常に「抑止」のツイート数の方が多い状態が続いていた。直後に莫大な数が発生し、すぐに削除あるいは凍結された可能性もあり得るが、筆者は地震後の午前2時、4時、そしてそれ以降数回データを取得し、確認を行ったが、差別的ツイートが桁違いにあった痕跡は発見できなかった。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

ニュース速報

ワールド

豪ビクトリア州、ロックダウン緩和へ 感染者減少受け

ビジネス

ベゾス氏、NASAに20億ドル拠出を提案 月面着陸

ビジネス

シェル、メキシコ湾の新油田「ホエール」開発に着手

ワールド

ロシア、首相の北方領土訪問巡り日本の「敵対的」抗議

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 3

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中