コラム

日本のツイッター政治空間はリツイートが80% 政党に関するツイートを分析した

2021年02月17日(水)18時00分

ワードクラウドから見える少数アカウントの影響力

数字だけでは内容が直感的に把握しにくいと考え、リツイート数上位のツイートの視認に加えてテキストマイニングを行い、「名詞、動詞、形容詞」、「動詞」のみ、「形容詞」のみ3種類のワードクラウドを作成した。「形容詞」のみのワードクラウドにはまがまがしさを感じた。一見、中立あるいは肯定的に見える言葉も否定的に使われているものがほとんどである。「偉い」は「お偉い自民党」、「長い」は「女性の話は長い」という発言の引用など、「強い」は「自民党にその傾向が強い(批判的な文脈)」、「多い」は政党批判の文脈、「良い」は良い部分を殺しているというネガティブな使われ方、「凄い」と「よろしい」は批判のために引用した発言に現れた言葉だった。「おかしい」は「頭おかしい」など否定的な意味で使われていた。形容詞のワードクラウドは前段に掲載したので、ここでは「名詞、動詞、形容詞」と「動詞」を掲載する。

ichida0217_7a.jpg

ichida0217_8.jpg

ツイート全体のワードクラウドとリツイート数上位のワードクラウドの傾向は類似しており、たった1.7%のツイートが増幅されて全体に影響を及ぼしている様子がよくわかる。アカウント数で言うと3.82%のアカウントのツイートである。

少数の負の感情を刺激する批判に支配されやすい意見空間

全体を通して感じたのはリツイートの多さと、少数のツイートとアカウントの影響力の大きさである。よくリツイートされるアカウントの発言内容は政党への批判がほとんどを占める。限られたアカウントの批判的な意見が広く増幅される傾向があると言えそうだ。

ボットやトロールあるいはプロキシなどが疑われる状態だが、今回はそこまで踏み込むのは難しい。ボットやトロールの判別については目安となる資料もあるが、文化によって異なる可能性もあり、そのまま適用はできないだろう。少数の批判的な意見が拡散されやすい状況であり、すでにネット世論操作が行われているのでなければネット世論操作を行いやすい素地があるくらいまでは言ってもよいだろう。

前述のファビアン・シェーファー教授の先行研究ではネット世論操作の存在を示唆していたので、それを前提に今回の結果をみるとネット世論操作の影響力が高まっているように見える。ただし、あくまで私見だが、今回の調査のリツイート上位のツイート内容やアカウントを見た限りではネット世論操作とは言い切れないように感じた。より多くのデータと検討が必要だ。

前にも書いたが、本稿はあくまでも限定されたデータを元に考察した結果の仮説である。より確かなものにするには、地道にデータの収集と分析を積み重ねてゆくしかない。日本ではSNSに関する基本的なデータがあまり整理されていない。そのためのツールはすでにあるのだから、ツイッター社のフルデータにアクセスできる学術関係者の方の今後の活躍に期待したい。

筆者も調査を続けてゆくつもりであるが、いかんせん学術関係者ではないのでツイッター社の学術関係者向けのフルデータにアクセスする方法がない。フルデータにアクセスできれば仮説の検証はもちろん、多様な比較も行いやすくなる。時系列変化も追いやすくなる。過去の選挙で起きたこと、震災後に起きたことなどさまざまな分析が可能になる。

フルデータに比べると今回筆者が利用した無償で公開されているデータはデータ量の制限だけでなく、7日程度までしか過去のデータを見ることができない、リアルタイムで更新されるため同じデータを再現できない(ツイート削除、アカウント削除などによる変化の影響を受ける)といった制限があるため、きわめて限定的なことしか行えない。

学術関係者の方(修士課程や博士課程の方含む)でこうした調査に関心がある方がいらっしゃったら、お気軽に声をかけていただければ幸いである。非力ではあるができるだけのお手伝いをしたいと考えている。筆者にとってはフルデータに触れて実態を知ることができるのはなによりの喜びなのである。

最後に誤解のないように申し上げておくと、筆者はコードを書いたり、データ解析したいわけではない(嫌いではないが)。結果を見て解釈したり、妄想したりする方が好きなのである。しかしその元になるデータがいくら待っても出てこないので、やむなく自分で始めた次第である。本稿が国内の学術関係者の方々にツイッターの統計分析に関心を持っていただくきっかけになることを祈念している。

プロフィール

一田和樹

複数のIT企業の経営にたずさわった後、2011年にカナダの永住権を取得しバンクーバーに移住。同時に小説家としてデビュー。リアルに起こり得るサイバー犯罪をテーマにした小説とネット世論操作に関する著作や評論を多数発表している。『原発サイバートラップ』(集英社)『天才ハッカー安部響子と五分間の相棒』(集英社)『フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器』(角川新書)『新しい社会を生きるためのサイバー社会用語集』(原書房)など著作多数。ツイッター

ニュース速報

ワールド

韓国と北朝鮮、ホットライン再開=韓国政府筋

ワールド

豪ビクトリア州、ロックダウン緩和へ 感染者減少受け

ビジネス

ベゾス氏、NASAに20億ドル拠出を提案 月面着陸

ビジネス

シェル、メキシコ湾の新油田「ホエール」開発に着手

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 3

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中